持ってきた本


エベレストの頂きに向かって歩を進める、まさにその道中でこそ読みたいと思っていた本が石川さんにはありました。体力的にも精神的にも極限状態に近づく日々、文字の表現から得られる力はとても大きい。今日読んだ1ページが一歩を踏み出す糧になり得る。出発前の石川さんの言葉が記憶に残っています。
日本出発時に荷物に入れた本は60冊。しかし、荷物の厳しい重量制限もあって、ベースキャンプに持っていくことにしたのは、更に絞り込んだ以上の16冊。恐らく、世界でもっとも高いところにいる男のひとり、石川直樹さんから届く”エベレスト書評”です。
(リトルモア編集部T)