ペマ・シェルパの奥さんのひとこと。 

夫が何回エベレストに登ったのかなんて知らないわ。なんか今年も行くみたいよ

クムジュン村のペマ・シェルパの家でお茶をいただいた。彼はいまカトマンズにいて、登山者を迎えにいっているという。夫が留守のあいだ、クムジュンの茶屋を切り盛りする奥さんは、肝っ玉母さん風で、たのもしい。三歳の娘は「こんにちは」という日本語を覚えている。