最後の贅沢。 

IMG_0155.JPG
4月3日

 朝7時半に朝食。朝食後、田村さんにアマダブラム登山について話を聞いた。あの美しい山にいつか登ってみたいと思う。

 11時にロッジを出て、エベレストビューホテルへ。20ドルという超高級ホテル並みの値段設定の親子丼定食を食べる。これから長期間のテント生活をはじめるにあたって、最後の贅沢をする。

 ぼくたちの道中の食事は基本的にキッチンを統括するシェルパのラチューが作っている。ベースキャンプでの食事は当然ラチューがきっちり作るわけだが、ベースキャンプに着く前のエベレスト街道でも、ラチューが各茶屋のキッチンに入って食事を作る。食材や水に気を遣い、お腹を壊さないようにする配慮である。(といってもぼくはすでにお腹を壊したが……)
 食事は基本的に全員同じ。学校の給食のように、皿をもって列に並び、鍋のなかに入ったスパゲティや米を好きなだけとる方式だ。

 出発前、ラッセルから全員に手洗い用のアルコール(?)が配られた。歯磨き粉のようなチューブに入っていて、食事前に使う。ベースキャンプのトイレその他を含め、HIMEX隊は特に衛生面に注意をはらっているy。最後のアタック前に腹をこわしたりしたらたまらないからだ。
 エベレストビューホテルでしばらくゆっくりしてから、クムジュン村へ下った。今日は完全な休息日。
 日暮れと同時に就寝。