ヒマラヤン・レスキュー・アソシエーション。 

IMG_0205.JPG
4月6日

 ペリチェのスノーランドロッジで、7時45分起床。8時朝食。今日は一日ペリチェで休息するので、起きるのが遅い。
 朝食後、数日ぶりの暖かいお湯で体を洗い、再び洗濯。バケツ一杯のお湯で頭と体を洗わなければいけないので、無駄遣いできない。
 洗濯物を庭に干していたら、一時間後には凍った。クリームとかそういうものも、凍り気味なので、手で温めてから使う。
 午後3時から、ペリチェにあるヒマラヤン・レスキュー・アソシエーション(HRA)の事務所で女性の医者から高山病の講義を聴いた。知っている知識ばかりだったが、高山病にはダイアモックスなどの薬とともにバイアグラが効くと言っていて、それだけは初耳だった。ガイド連中にそのことを聞くと、「おれも持ってきてるよ」と言う。なるほど血管を拡大させるバイアグラの働きは、たしかに高度障害にも効くのかもしれない。
 植村直己さんの『エベレストを越えて』を読み終わった。いま書評を書いている。
 ペリチェと、この次のロブチェはNcellの圏外である。ペリチェに2日間、ロブチェにそれぞれ2日間滞在して高所順応にあてる。明日ロブチェに行ってから2日間は、日記更新もメールチェックもできないかもしれない。

*写真は、HRAでの講義の様子。ペリチェ中の登山者やトレッカーが集まった。