タメルで買い出し。 

3月30日

 ほとんど徹夜で原稿を書いていた。居眠りをしながらも、いくつかの原稿を書いては送る。そのうえこの日記まで書かねばならず、やばすぎる。まだ終わってない原稿がいくつもある……。

 朝、バイキングの朝食を食べた後、何でも買えるタメル地区へと向かった。タメルの入口には、いつものようにシンナーの袋を膨らませてはぺたんこにして虚ろな目をした少年たちがいた。こうした風景は10年以上前から変わらない。

 1リットルのナルジンボトルを買うために走り回った。中国製のニセ物のナルジンは200ルピー、アメリカ製の本物のナルジンは1300ルピーで売られている。どうにか本物を売る店を見つけた。ふたにNalgenという文字がついているか、そして底に文字が刻まれているか、その二点で本物か偽物かを見分けることができる。ニセ物でも事足りるだろうが、万が一水漏れしたらイヤなので、本物を購入した。

 ナルジンを買った後、リキシャでニューロードへ向かった。ニューロードはカトマンズの秋葉原である。そのNcellショップで、インターネットに繋ぐためのUSB機器とSIMフリーのiPhoneにたっぷりと課金した。これで遠征中はなんとかもつだろう。

 昼飯はタメルのカフェでターリー定食。マッサージ屋に行って上半身のマッサージをしてもらい、ホテルへ。18時からミーティングをして、明日の待ち合わせ場所を教えてもらい、夜は昨日も行ったレストランでターリー定食を食べた。明日からいよいよルクラへ向かう。