事実上の断念。 

IMG_0424.JPG
11月2日

 調子の悪かったオーストリア人のカタリーナと、ホーリー女史のところで働いているジャーナリストのビリーは、ペリチェに下って二泊して本日午後にBCに戻ってきた。

 ラッセル・ブライスもまた、大事な商談のためにカトマンズまで行き、二泊した末にヘリコプターでBCに戻ってきた。
 
 さらに、C1から上のルート工作に向かっていた倉岡さんやプルバたちが帰ってきた。C1で一泊し、今朝からルートを延ばそうとがんばっていたわけだが、やはり雪の状態は最悪で、無理と判断。アマダブラム北稜の登山は、事実上、ここが限界ということになった。
 
 本日夜、久々にフルメンバーが揃った。HIMEXアマダブラム北稜隊のメンバーであるグレッグ、ビリー、カタリーナ、石川、倉岡さんと平出さん、HIMEX隊ガイドの田村さん、そして隊長のラッセル・ブライスなどなど。

 アマダブラム遠征の行く末について、みんなうすうす感じてはいたものの、最終判断は明朝のミーティングで下されることになった。はてさて。

*写真は、ベースキャンプでラジコンヘリのテストをする平出さんと見物人。といっても、シェルパとスタッフその他HIMEX関係者のみですが。水色のダウンを着ているのが、シェルパたち。