フランス、パリから。 

DSC_5055.JPG

12月1日

 いまフランスのパリにいる。未だに咳が止まらず、断続的に咳をしている。日本の病院でもらった薬は一週間分しかなかったのでなくなってしまい、パリの薬局で咳の薬を買った。ドロッとした飲むタイプのもので、日本ではこういうタイプの薬を飲んだことがなかったので、少々戸惑っている。シロップを飲んでいるような感覚だが、本当に効くんだろうか。

 フランスに来た目的は、HIMEX隊のボスであるラッセル・ブライスにロングインタビューをすることだった。モンブランの近くにあるシャモニーの街で、わずか数週間ぶりにラッセルと再会し、5時間以上におよぶ綿密なインタビューを行った。この取材は、来年からはじまる『考える人』(新潮社)という雑誌の新連載に生かされる予定だ。ちなみに、インタビューはとても面白かった。興味深い事実もたくさん聞けたし、ヒマラヤと公募隊の現在を知る上で非常に重要なものとなるだろう。

 雪に覆われたシャモニーはマイナス10度という凍えるような寒さだったが、パリは東京と同じくらいの気温だと思う。パリでは、フランスの出版社と初めて打ち合わせをして、来年に写真集を出版することが決まった。フランスとベルギーとオランダでディストリビューションをしている出版社で、小さいけれど丁寧な作りのいい写真集を出している。作業を進めるのが楽しみだ。

 フランスの新聞『ルモンド』の写真エディターとも会った。以前からルモンドとは何度か仕事をしていて、依頼を受けて撮り下ろしたものをはじめ、ヒマラヤの写真などが何度か掲載されている。ルモンドも来年に向けて新しいプロジェクトを考えているようで、来年はフランスと関わる仕事が少し多くなりそうだ。

 帰国して三週間くらいだろうか。フランスに来る前に、北海道の女満別に飛び、大空町で小学生と写真のワークショップを行った。この町にある豊住小学校は来年廃校になることが決まっており、「最初で最後の写真展」をしようと、子どもたちと周辺を歩きながら写真を撮り、展覧会を形にしていった。全校生徒数が30名にも満たないので、それぞれの子どもの顔と名前を覚えられる。給食を一緒に食べたり、相撲大会に参加させてもらったりしながら、どんどん子どもたちの個性が見えてきて、面白かった。何より、撮ってくる写真がよい。これらの写真で写真集を作ろうと、いま画策中である。

 北海道から帰った後、静岡に行って静岡芸術劇場の公演『わが町』を観て、短い鼎談をした。久々に演出家の宮城聰さんや今井朋彦さんにお会いした。その帰りに、IZU PHOTO MUSEUMで増山たづ子さんの写真展も観に行った。涙をこらえきれない、力のこもった展覧会だった。

 映画も何本か観たが、岩波ホールで上映中の『ハンナ・アーレント』が素晴らしかった。岩波ホールは見逃すと後々まで後悔する映画を時々上映するが、本作は、その一つだろう。ハンナ・アーレントは、「全体主義の起源」を書いたユダヤ人の思想家で、ハイデッガーの愛人でもあった。アイヒマン裁判の記事執筆により世論に糾弾されるわけだが、映画はその当時の様子を過不足なくしっかりと描写している。映画にするには極めて難しいと思われる題材をここまで描ききった監督の力量に敬意を表したい。同じく「悪」をテーマにしたリドリー・スコットの新作『悪の法則』も面白かったが、同じ二時間を劇場で過ごすなら『ハンナ・アーレント』のほうがお勧めだ。

 パリにはあと数日滞在する予定になっている。ポンピドゥーでクリス・マルケル監督の特集上映+展示を行っており、時間があいたらポンピドゥーに足繁く通おうと思う。

 以下、お知らせです。

〇横浜にて、12月7日(土)に、伊藤俊治先生と対談講座をします。
 日時:12月7日(土)14時から16時
 会場:あーすぷらざ
 *会場では仮面をテーマにした展覧会をやっていて、たった7点ですが、ぼくの写真も展示されています。その関連イベントとして「仮面芸術論-異界とのダイアローグ」と題し、芸大の恩師・伊藤俊治先生と対談します。ぼくがこれま撮影してきた異人シリーズを振り返り、仮面とは何かということについて、話します。事前申し込み制みたいです。時間があったら是非。
http://www.earthplaza.jp/ai1ec_event/kamenart20131207?instance_id=

 以下は、写真集「Lhotse」関連のイベントです。アマゾンでもついに「Lhotse」の販売を開始しました!

〇大阪にて、12月8日(日)に、写真集刊行記念のミニトークをします。
 日時:2013年12月8日(日) 18:00から19:00ごろ
 会場:FOLK old book store(大阪市中央区平野町1-2-1 1F/B1F)
 料金:500円(1ドリンク付)
 予約:電話 06-7172-5980 またはメール info@folkbookstore.com まで
 http://booklife.old-folk.shop-pro.jp/?eid=589848

〇表参道にて、12月6日(金)から、ミニ写真展「Lhotse」をやります。
 会期:2013年12月6日(金) – 12月15日(日)
 会場:White Mountaineering Flag Shop(東京都渋谷区神宮前4-21-7 1F)
 時間:12:00 – 20:00 *12月6日(金)のみ 12:00 – 16:00
 Tel: 03-6904-6309
 *ショップの中での展示です。ローツェTシャツも作ってくれたみたいなので、お近くにいらしたら是非。

〇金沢にて、12月21日(土)から、写真展「Lhotse」がはじまります。初日はトークイベントも。
 会期:2013年12月21日(土) – 2014年2月16日(日)
 会場:SLANT(石川県金沢市広坂1-2-32 2F)
 時間:12:00 – 19:00 TEL:076-225-7746 *月、火曜日休廊(祝日開廊)
 2013年12月28日(土) – 2014年1月10日(金)まで、冬季休廊。
 *冬季休廊期間中は完全アポイント制となるため、メールまたは電話でお知らせください。とのこと。
 http://www.slant.jp/lhotse.html

 ■関連企画
  石川直樹トークイベント「Lhotse」
  日時:2013年12月21日(土) 18:00 – 19:00
  会場:しいのき迎賓館 3F セミナールームB
  住所:石川県金沢市広坂2-1-1
  料金:500円
  ※写真集を購入の方は入場料無料(写真集は当日会場で購入可)
  お問い合わせ:SLANT(076-225-7746/info@slant.jp)

〇原宿のVACANTにて、12月26日(木)19:30より、アマダブラムの話をします。いつもの「TOO MUCH MAGAZINE」主催のやつです。もう少ししたら、VACANTやHUTUのウェブに載ると思います。要予約。こちらもよろしくお願いしますー。
 http://bit.ly/18UxS79


*写真は、豊住小学校での写真ワークショップの様子。写真を撮り始める前に、まず子どもたちに世界中の人と文化の話をしました。小1の子たちが、躊躇なく手を挙げて質問しまくるのですが、それに答えるのが楽しかったです。