金沢より。 

2月7日

R0660231.JPG

 1月末、沖縄で森山大道さんとお会いして、刺激的な日々を過ごした。あらためて森山さん自身とその作品を振り返るきっかけとなり、ますます好きになった。沖縄県立美術館で開催中の『終わらない旅 北/南』展の作品数は、実に922点。今まで、島根県立美術館、国立国際美術館、パリのカルティエ・ファウンデーションなど、いくつもの森山さんの大きな展覧会に足を運んできたが、沖縄県美の展示も負けず劣らずの衝撃。


 今年は沖縄での活動が増えそうだ。「フォトネシア沖縄」に関わることになり、まずは横浜の「CP+」というカメラの祭典で『東松照明 写真のつくり方』というワークショップを開催する。東松照明さんは、いわずもがな森山さんに多大な影響を与えた写真家の一人である。


 『東松照明 写真のつくり方』の日時は2月13日(木)〜2月16日(日)。以下の二回に分かれていて、どちらの日程に参加してもいい。


[クラス1] 2月13日(木)10時〜18時、2月14日(金)10時〜18時
[クラス2] 2月15日(土)10時〜18時、2月16日(日)10時〜17時


 内容は[クラス1]も[クラス2]も同じで、東松さんの奥さん・泰子さんによるプリント制作講座が行われ、ぼくがミニトークをしたり、その前後は参加者の方とお話ししたり、泰子さんへのインタビューなども予定されている。亡くなる直前の東松さんの作品はほぼデジタル出力だった。その緻密な制作のプロセスを泰子さんから学ぶことができる。以前、沖縄で開催した講座のコンパクト版で、作品としてのデジタルプリントを習得したい方にとっては、有意義なものになるだろう。詳細や参加方法は以下。
http://photonesiaokinawa.org/workshop_main/workshop2014_01/


 沖縄から帰京後は、岩手県の宮古市へ行き、宮古商業高校の写真部の生徒たちと再会した。一年間、写真部の生徒と対話をし、彼らの写真に対する姿勢もみるみるうちに変わっていった。いろいろなコンテストで宮古の子たちが入賞しはじめ、殺風景だった部室も写真部らしい雰囲気になってきた。コンペで入賞することが大事だとは全く思わないが、少なくとも前を向くきっかけの一つにはなる。その意味で、彼ら彼女らは素晴らしい成果をあげている。(上の写真は部活での一コマ)。


 岩手から帰り、今度は大分県の国東半島へ。国東半島芸術祭が10月から開催されるにあたって、今まで撮りためた国東の写真による写真集も夏に刊行を予定しており、いま出版の準備をしている。その最後の撮影を、この2月に集中的に行っているところだ。2月後半にもまた国東へ行く。


 その国東半島から帰り、今は写真集の印刷立ち会いのため、石川県の金沢に滞在している。印刷所の一部屋を借りて、この日記を綴っている。新しい写真集『Qomolangma』(チョモランマ)はSLANTから、2月20日発売予定。アマゾンではすでに予約を開始IMAのサイトでも紹介してくれている。


 2月14日には宮城県の仙台メディアテークでトークイベント、2月15日には新宿の朝日カルチャーセンターで理論天文学者の小久保英一郎さんと対談をするのだが、その両会場で、写真集『Qomolangma』を先行発売する予定だ。タイミングがあえば、みなさん是非お越しください。(予約詳細は上記リンク先にあります)。


 話が前後するが、2月10日19時から銀座のガーディアンガーデンで、「ひとつぼ展」ならぬ「1WALL展」でグランプリを受賞した黑田菜月さんとトークイベントをする。司会は、ぼくの最初の写真集『THE VOID』や単行本『全ての装備を知恵に置き換えること』を一緒に作った編集者の畑中章宏さん。畑中さんは今は作家としても活躍中だ。対談のテーマは「子どもの情景、そのまなざしと神隠し」。参加予約はガーディアン・ガーデンまで。TEL03-5568-8818(11時〜19時受付)。


 金沢での印刷は今のところ順調である。写真集の前半はチベットで年初に撮影した最新作、後半は2001年、23歳のときに35ミリのポジフィルムで撮影した懐かしい写真群を収録した。36歳と23歳の自分の視線が、一冊の本の中で交差する。そんなことを可能にしてしまうのが、写真の面白いところだろう。これからも続刊していくこのヒマラヤシリーズは、2001年から2014年にいたる、ぼくの足跡そのものだ。写真集のできあがりを誰よりも楽しみにしているのは、他でもなく自分自身なのである。


テレビ番組のお知らせ:
●NHK-BSプレミアム 2014年2月8日(土)19時30分〜
番組名:ザ・プレミアム 地球アドベンチャー 冒険者たち(90分)
「原始のヒマラヤを撮る〜写真家・石川直樹〜」
グレートヒマラヤトレイルとアマダブラムでの撮影行に関する番組です。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-02-08&ch=10&eid=1720


●「ほぼ日」でも色々紹介していただきました!
http://www.1101.com/pl/seisakuchu2007/statuses/134599