またも飛行機が飛ばず。

1月21日

 早朝からカトマンズ空港へ行ったが、今朝も待ちぼうけだった。空港には霧が立ちこめており、ルクラのほうも天気が悪いらしい。13時まで待ったが、今日もルクラ行きの飛行機が飛ばない模様だ。

 昨日からこの日誌がオープンしたので、一応説明しておくと、今ぼくがネパールへ来ているのは、エベレスト登山の下見と高所順応が目的である。今回の旅ではエベレスト街道を歩き、カラパタールやベースキャンプあたりまで行ってまたカトマンズへ戻る。そして、2月上旬に一度帰国する。しばらく日本にいて、本番の登山へは3月末に再び出発する予定だ。

 というわけで、早くエベレスト街道に降り立って体を動かしたいのだが、飛行機が飛ばないことにはどうしようもない。空港の食堂でターリーを食べ、一度ホテルに戻った。

 午後はチベット仏教のストゥーパ(仏塔)があるスワヤンブナートへ行った。
 何百段もの階段を登り終えると、巨大なストゥーパが姿を現す。そこからの眺めはすこぶる良く、カトマンズ盆地が一望できる。排気ガスと曇り空で、すっきりした空というわけにはいかなかったが、それでも気持ちのいい景色だった。

 このカトマンズ盆地の先に、ヒマラヤ山脈がある。霞の奥にある山々を想像しながら、ぼくは飽きることなく街を眺めた。

 夕食は、日本食レストランの「桃太郎」で食べることにした。ナスの味噌炒めがうまかった。明日からルクラへ飛ぶことができればしばらくこうした食事とはお別れとなる。たらふく食べて、ホテルへ帰る。いろいろ仕事をしていると、深夜0時ちょうどに停電。仕方なく眠ることにする。