プロフィール

石川直樹(いしかわ・なおき)
写真家

1977年東京生まれ。高校2年生のときにインド・ネパールへ一人旅に出て以来、2000年に北極から南極まで人力で踏破するPole to Poleプロジェクトに参加。翌2001年には、七大陸最高峰登頂に成功。その後も世界を絶えず歩き続けながら作品を発表している。その関心の対象は、人類学、民俗学など、幅広い領域に及ぶ。

主な写真集


『NEW DIMENSION』

赤々舎

『POLAR』

リトルモア

『Mt.Fuji』

リトルモア

『VERNACULAR』

赤々舎

『ARCHIPELAGO』

集英社

『CORONA』

青土社

『国東半島』

青土社

『髪』

青土社

『潟と里山』

青土社

『SAKHALIN』

アマナ

『Lhotse』

SLANT

『Qomolangma』

SLANT

『Manaslu』

SLANT

『Makalu』

SLANT

『K2』

SLANT

主な著書


『全ての装備を知恵に置き換えること』

集英社文庫

『いま生きているという冒険』

イースト・プレス

『最後の冒険家』

集英社

『For Everest
ちょっと世界のてっぺんまで』

リトルモア

『世界を見に行く。』

リトルモア

ぼくの道具』

平凡社

関連書籍


『ユリイカ増刊号・石川直樹
エベレストから路地裏までを駆ける魂』

青土社

受賞

・さがみはら写真新人奨励賞、三木淳賞(‘06)
・日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞、開高健ノンフィクション賞(‘08)
・東川賞新人作家賞(‘09)
・さがみはら写真賞(‘10)
・土門拳賞(‘11)