blog

服部一成二千十年十一月

昨日、ギンザグラフィックギャラリーではじまった
服部一成さんの個展のオープニングパーティへ。
 
1階には木の板で作られたいくつもの小さな部屋がつらなり、
壁の一面一面が、違う絵柄の新作グラフィックでうめつくされていました。
カラフルで不思議で愛らしい、服部さんの作品世界の中に
入り込んだような気分になれる楽しい空間。
 
そして地下1階ではこれまでに服部さんが手掛けたグラフィック作品、
広告、雑誌や本、展覧会のポスター、様々なロゴマークなど、
10年ほど前のものから現在まで、新旧の作品が展示されています。
 
その中に、「真夜中」も!
創刊号から最新号まで、コーナーを作って展示してくださいました。
個人的には、大ファンだった「流行通信」と同じ空間に、
「真夜中」が並んでいることが嬉しくて、現実味がないほどでした。
 
編集部一同、改めて、服部さんの作品に魅了された夜でした。
 
(編集部H)
 

 
服部一成二千十年十一月
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
11月4日(木)~11月27日(土)
日曜・祝祭日休館 11:00am-7:00pm(土曜日は6:00pmまで)
入場無料
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/