blog

服部一成さんギャラリートーク

先週末、金曜日の夜は再びgggにて開催中の「服部一成二千十年十一月」展へ。 
この日は服部さんと、『アイデア』編集長・室賀さんよるギャラリートークがありました。 
 
今回の展示が、いかにして出来あがったのかを、直筆の構想プランに沿って服部さんが解説。 
ギャラリーの壁ではなくベニヤ板を使ったことや、ポスターの四隅をしっかり留めていない理由、 
「手をふれないでください」のスタンプの秘密…。 
 
「展示のやり方一つで、自分のデザインに対する考えが顕わになってしまう」 
自由で軽やかなグラフィックたちと、服部さんの言葉が持つ確かな重み。その対比がとても面白い。 
 
手元のメモには、いくつかの言葉。 
「(デザインする)対象を見つめていて、そこから答えが出てくるとは思っていない。対象とは無関係に形があるのがいい」 
「デザインは同時代の機械や技術に寄り添っている。その時代に合った機械や技術と一緒に作るのも楽しみの一つ」 
 
 
展覧会は、今月27日まで(日曜・祝日はお休みです)開催中。 
会場では関連書籍やオリジナルポスターも販売されています。 
 
(編集部T)