News

2015.03.02

ロベール・クートラス展が開催されます。

 
小社よりまもなくポストカードブックが刊行となるロベール・クートラス。その没後30年展が開催されます!
 
- - -
 
没後30年 ロベール・クートラス展
「夜を包む色彩」
カルト、グワッシュ、テラコッタ
 
会期:2015年2月8日(日)-22日(日)、2月28日(土)- 3月15日(日)
会場:渋谷区立松濤美術館(東京・渋谷)
 
時間:9:00 – 17:00(入館は16:30まで)
※2月9日(月)、12日(木)、16日(月)、23日(月)- 27日(金)、3月2日(月)、9日(月)は休館
 
入館:無料
 

1930年パリに生まれ、85年パリに没した知られざる異才の画家、ロベール・クートラス。
没後30年展として開催される本展には、クートラスが数多く遺した手札サイズの作品“カルト”だけでなく、グワッシュやテラコッタの作品まで、たくさんの作品が展示されます。
また展示される作品のほとんどは、遺作を管理している岸真理子・モリアさん所蔵のもので、日本では初公開となります。

 
 
■関連イベント
記念対談「クートラスを語る――描くこと、生きること」
堀江敏幸(作家)+岸真理子・モリア(遺作管理人)
 
日時:2015年2月8日(日)14:00より
会場:渋谷区立松濤美術館(東京・渋谷)
参加費:無料(予約不要)
 
 
【会場・問合せ】
渋谷区立松濤美術館
〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14
tel. 03-3465-9421
http://www.shoto-museum.jp/
 
- - -
 
ロベール・クートラス ポストカードブック『夜のギニョール劇団』(絵:ロベール・クートラス/文:岸真理子・モリア)は2015年2月8日(日)全国発売予定です。詳細、ご予約はコチラよりどうぞ。
 
クートラスと晩年をともにし、遺言にしたがい作品を管理する女性が、彼の生涯を綴った、伝記にして芸術論、そして恋の物語。
岸真理子・モリア『クートラスの思い出』(未発表デッサンを含む、図版多数収録/特別寄稿:堀江敏幸)について、詳しくはコチラよりご覧ください。
 
NEXTPREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store