2017.08.04

石川直樹さん、個展が開催されます。

 
写真家・石川直樹さんによる個展が開催されます!
 
- - -
 
「石川直樹 この星の光の地図を写す」
 
会期:2017年8月10日(木)- 9月24日(日)
会場:新潟市美術館 企画展示室(新潟・新潟市中央区)
 
時間:9:30 – 18:00(観覧券の販売は17:30まで)
※月曜日、9月19日(火)は休館。ただし8月14日(月)、9月18日(月祝)は開館。
 
観覧料:一般 1,000円〈800円〉/大学生・高校生 800円〈600円〉/中学生以下無料
※〈 〉内は団体(20名以上)、リピーター割引料金。 
 

世界をフィールドとして活躍する写真家・石川直樹(1977年~)は、極地や高山、島々を旅しては、その風景や人々の暮らしを写してきました。人類学や民俗学を背景に持つ石川のまなざしは、自然に向き合って生きる人間の叡智に注がれています。新潟に取材した《潟と里山》をはじめ初期から現在に至る代表的なシリーズを、未発表作を加えて構成、紹介します。

 
展覧会について、詳しくは新潟市美術館のwebサイトをご覧ください。
http://www.ncam.jp/exhibition/3981/
 
 
■関連イベント
◇ 石川直樹 アーティストトーク
出演:石川直樹(写真家)
日時:2017年8月11日(金祝)14:00 – 15:30
会場:新潟市美術館2階講堂
定員:100名
※要観覧券(半券可)、要事前申込
 
◇ 水と土の芸術祭2018 プレイベント VJ+DJイベント「惑星の光と声、新潟の水と土」
出演:石川直樹(写真家)、森永泰弘(サウンドデザイナー)
日時:2017年8月20日(日)14:00 – 15:30
会場:新潟市美術館2階講堂
定員:100名
※小学生以上対象(小学生の場合、保護者の方も申込のうえご参加ください)
※要観覧券(半券可)、要事前申込
 
◇ ギャラリートーク(新潟市美術館学芸員による解説)
日時:2017年8月13日(日)、8月27日(日)、9月10日(日)各日14:00から(30分程度)
※直接、新潟市美術館 企画展示室までお越しください
※要観覧券(トーク参加当日のもの)
 
◇ 美術講座「3・11以降の写真」(担当学芸員 荒井直美)
日時:2017年9月16日(土)14:00から(90分程度)
会場:新潟市美術館2階講堂
定員:先着100名
※申込不要、参加無料
 
◇ サテライト展
石川直樹 写真展「POLAR 2017」
会期:2017年8月10日(木)- 9月4日(月) ※火・水曜日は定休
会場:BOOKS f3(〒950-0075 新潟県新潟市中央区沼垂東2-1-17/tel. 025-288-5375)
※入場無料
 
 
【会場・問合せ】
新潟市美術館
〒951-8556 新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
tel. 025-223-1622
http://www.ncam.jp/
 
- - -
 
小社で刊行している石川直樹さんの著書等については以下よりご覧ください。
 
石川直樹ブログ「For Everest」
http://www.littlemore.co.jp/foreverest/
 
『世界を見に行く。』
『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』
写真集『Mt.Fuji』
写真集『POLAR』
 
雑誌「真夜中」
「No.14 2011 Early Autumn」 ※特集「ノンフィクション」に参加
「No.11 2010 Early Winter」 ※Essay+Photography「彼方へと向かう人 ―― トンガとサモア 秘密の島々」を寄稿
「No.10 2010 Early Autumn」 ※特集「トラベリング」〈三人の作家とエベレスト街道「世界はここに」〉に参加
「No.8 2010 Early Spring」 ※特集「ケンカ2010」に参加
「No.7 2009 Early Winter」 ※Special 三人の作家と富士山「浮世よ さようなら」に参加
「No.6 2009 Early Autumn」 ※巻頭コラム〈眠りの国〉を寄稿
「No.4 2009 Early Spring」 ※特集「たのしや地図 Let’s enjoy the map!」に参加
 
NEXTPREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store