2019.07.09

清川あさみさんが参加される企画展が開催されます。

 
清川あさみさんが絵本『こども部屋のアリス』からの作品で参加される企画展が長野県松本市で開催されます!
 
- - -
 
不思議の国のアリス展〈松本会場〉
 
会期:2019年7月13日(土)- 9月8日(日)
会場:松本市美術館(長野・松本)
 
時間:9:00 – 17:00(最終入場は閉場の30分前まで)
*月曜日は休館(祝日の場合はその翌日が休館)。ただし、8月は無休。
 
観覧料:一般 1,200円(1,000円)/高校・大学生 800円(600円)/中学生以下 無料
*( )内は前売券および20名以上の団体料金。団体料金は松本市美術館のみの取扱い。
*障がい者手帳携帯者とその介助者1名無料。
 

時代も、海も越えて、なぜ少女アリスの夢の冒険は、ひとびとを魅了し続けるのか?
 
名作『不思議の国のアリス』が、英国の作家ルイス・キャロルによって世に送り出されてからすでに150年以上が過ぎました。現在までに170もの言語に翻訳され、初版から途切れることなく出版され続けている世界的ベストセラーのひとつです。少女アリスが迷い込む不思議な世界と、そこに次々に登場する個性的なキャラクターが繰り広げる奇想天外なストーリーには、キャロルの言葉選びのセンスが散りばめられ、今も多くの人々に愛されています。
本展は『不思議の国のアリス』の原点や、それに続く作品『鏡の国のアリス』の二つの物語を軸に、さまざまな分野に影響を与え続けるアリスのお話の魅力を、日本初公開を含む貴重な作品とともに紹介します。
 
清川あさみさんは絵本『こども部屋のアリス』からの作品で、〈3章:アートの国 ― 世界が愛する永遠のアリス〉に参加されます。

 
本展について詳しくは「不思議の国のアリス展」特設サイトをご覧ください。
http://www.alice2019-20.jp/
 
なお本展は、本年3~5月に開催された神戸会場からスタートし、今回の松本会場のあと、横浜/福岡/静岡/名古屋/新潟と全国巡回する予定になっています。
 
【会場・問合せ】
松本市美術館
〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22
tel. 0263-39-7400
http://matsumoto-artmuse.jp/
 
- - -
 
清川あさみさんによる絵本『こども部屋のアリス』(作:ルイス・キャロル/訳:金原瑞人)について、詳しくはコチラよりご覧ください。
 
そのほか小社にて刊行している清川あさみさんの著書等については以下よりご覧ください。
 
□ 名作絵本シリーズ
『幸せな王子』(原作:オスカー・ワイルド/翻訳:金原瑞人)
『人魚姫』(原作:アンデルセン/翻訳:金原瑞人)
『銀河鉄道の夜』(作:宮沢賢治)
『もうひとつの場所』
『グスコーブドリの伝記』(作:宮沢賢治)
シートン動物記『狼王ロボ』(原作:シートン/翻訳:金原瑞人)
 
□ その他、好評既刊
絵本『ココちゃんとダンボールちゃん』
ポストカードブック『4 STORIES』
『千年後の百人一首』(詩人・最果タヒとの共著)
『清川あさみ 百人一首かるた』
 
NEXTPREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store