2019.08.16

有山達也さん、展覧会が開催されます。

 
エディトリアル・デザイナーとして多くの書籍・雑誌を手掛けてきた有山達也さんが、写真・イラスト・文章を駆使し、デザイナーならではの視点で「音(楽)」について考える書籍『音のかたち』が、いよいよ2019年9月5日に全国発売となります。
 
本書の全国発売に先駆けて、同名の展覧会が東京・銀座にて開催されます!
 
- - -
 
有山達也展「音のかたち」
 

有山達也さんは、1号の刊行から13年にわたりアートディレクターをつとめた雑誌「ku:nel」、東京藝術大学発行の「藝える」や座・高円寺のフリーペーパー、北九州市発行の「雲のうえ」といった広報誌・情報誌をはじめ、文芸書から料理本、写真集、漫画など、さまざまなジャンルのエディトリアルデザインを中心に、キャリアを重ねてきました。
 
また、デザインの仕事のかたわら、数千を超えるレコードコレクションとヴィンテージオーディオを持ち、音楽と密接に関わる生活を送る有山さんが、東京初となる本展で、テーマに選んだのは「音」でした。
 
音を生むレコード針とレコードの溝を接写レンズでとらえた、写真家・齋藤圭吾さんの著書『針と溝』(本の雑誌社刊)。この写真集のエディトリアルデザインを手がけた有山さんは、制作に関わる中で、「音」には「かたち」があるのではないかと思った、と言います。
 
今回の展覧会では、齋藤さんとの協働により『針と溝』の世界をさらに進化させたヴィジュアル表現や、レコードの音を作り出すカッティングエンジニアやオーディオ機器を作っている人たちへの取材を通し、「音」の可視化に取り組みます。目ではかたちをとらえにくい、けれど空間に確かにたちあがる「音」の世界を、写真で、文字で、図像で、表現・構成します。
 
有山さんによって可視化された「音」は、どんな表情を見せるのか。ぜひご高覧ください。

 
会期:2019年8月27日(火)- 10月5日(土)
会場:クリエイションギャラリーG8(東京・銀座)
 
時間:11:00 – 19:00 *日曜・祝日は休館
 
入場:無料
 
 
* 関連イベントも多数開催されます。展覧会の詳細についてはクリエイションギャラリーG8のWebサイトをご覧ください。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/201908-3/201908-3.html
 
 
【会場・問合せ】
クリエイションギャラリーG8
〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
tel. 03-6835-2260
http://rcc.recruit.co.jp/g8/
 
- - -
 
有山達也さんによる『音のかたち』(写真・齋藤圭吾)は2019年9月5日全国発売です。詳しくはコチラよりご覧ください。
 
PREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store