2019.10.01

藤本智士さんがプロデュースする「のんびり」写真展が開催されています。

 
『風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント』が好評発売中の藤本智士さんがプロデュースする「のんびり」写真展が開催されています!
 
- - -
 
AKT秋田テレビ開局五〇周年記念
あこがれの秋田 「のんびり」写真展
 
会期:2019年9月29日(日)- 10月27日(日)
会場:秋田県立美術館 1F 県民ギャラリー(秋田・秋田市)
 
時間:10:00 – 18:00(入場は17:30まで)
料金:大学生以上 800円 / 中高生 400円 / 小学生以下無料
 

のんびりはNONビリ!
秋田が誇らしくなる写真展、開催。
 
2012年~2016年、秋田県から全国にむけて発行されたフリーマガジン「のんびり」。秋田の寒天文化に光をあてたり、いまはなき池田修三をブレイクさせるなど、秋田の宝物を次々と発掘していく姿に、秋田県民だけでなく日本全国の読者が注目。いまもなお伝説のように語り継がれる雑誌となっています。
当時その取材撮影として、表紙撮影を担当した浅田政志を筆頭に日本を代表する写真家たちが秋田に訪れていました。そこで彼らが撮影したのは、キラキラと輝く、よそ者目線な「あこがれの秋田」。
古き良き秋田ではなく、いま現在の秋田に観る光。
写真家たちが覗いたファインダーの先から、秋田を超えて、ニッポンの未来を見る展覧会を開催します。
 
〈第一部〉あこがれの秋田
県外在住の写真家たちが切り取った秋田のすがた。よそ者が見た「あこがれの秋田」を展示します。
出展作家:浅田政志 梅佳代 清永洋 小林直博 齋藤陽道 佐野史郎 田附勝 広川智基(五十音順)ほか
〈第二部〉のんびりな秋田
秋田県発行のフリーマガジン全16号特集をあらためて紹介するほか、本展のためにあらたに取材した、のんびり新作特集「あきたこまちはあきた?」を展示。
〈のんびりミュージアムショップ〉
のんびりから生まれたさまざまな秋田土産が並ぶ物販コーナー。新作取材をきっかけに作られた「あこがれのあきたこまち」も限定販売します。

 
本展について詳しくは、「のんびり」のWebサイトをご覧ください。
http://non-biri.net/
 
【会場・問合せ】
秋田県立美術館 1F 県民ギャラリー
〒010-0001 秋田県秋田市中通1丁目4-2
tel. 018-853-8686/018-833-5809
https://www.akita-museum-of-art.jp/index.htm
 
- - -
 
藤本智士・著『風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント』について、詳しくはコチラよりご覧ください。
 
NEXTPREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store