2019.10.01

石川直樹さん、個展が開催されます。

 
写真集『この星の光の地図を写す』が好評発売中の石川直樹さんによる個展が開催されます!
 
- - -
 
石川直樹展「島は、山。」island≒mountain
 
会期:2019年10月4日(金)- 12月1日(日)
会場:鹿児島県霧島アートの森 アートホール(鹿児島・姶良郡湧水町)
 
観覧時間:9:00 – 17:00(入園は16:30まで)
*月曜日休園(祝日の場合は翌日休園)
 
観覧料:一般 800(600)円 / 高大生 600(400)円 / 小中生 400(300)円
*( )内は前売りまたは20人以上の団体料金
 

石川直樹は、文化人類学や民俗学の領域に関心を持ち、日本や世界各地の辺境や都市を旅しながら作品を発表し続けています。
 
空から列島を眺めると、島という陸地は海から顔を出した山ではないかと思えてきます。かつて民俗学者の柳田国男は山と島が似ていることに着目していました。「その地理的な条件ばかりでなく、人間の暮らしの体系そのものが似ている」と。
 
陸と海が接する島はもともと山であり、山は島でもあるのではないか。
 
本展は、こうした問いを出発点に、石川が10代の頃から関心を寄せ続けている鹿児島からアジアへと広がる島々の連なりを、写真によって見つめ直していきます。
 
―― 鹿児島県霧島アートの森Webサイトより

 
■関連イベント
・「オープニングセレモニー/アーティストトーク」
日時:2019年10月4日(金)14:00 -
 
・「写真家 石川直樹さんによるトークイベント」
日時:2019年10月5日(土)14:00 -
会場:鹿児島県霧島アートの森 アートホール 多目的スペース
参加方法:イベント当日、11:00より観覧整理券(70人分の座席、50人分の立見)を多目的スペースにて配付します。観覧は無料ですが、当日付けの石川直樹展チケットのご提示が必要です。
※観覧整理券がない場合も、会場外からイベントの様子をご覧いただくことができます。
 
・「石川直樹 × 伊藤俊治 トークイベント」
日時:2019年11月23日(土祝)14:30 -(1時間程度)
会場:鹿児島県霧島アートの森 アートホール 多目的スペース
参加方法:イベント当日、11:00より観覧整理券(70人分の座席、50人分の立見)を多目的スペースにて配付します。観覧は無料ですが、当日付けの石川直樹展チケットのご提示が必要です。
※観覧整理券がない場合も、会場外からイベントの様子をご覧いただくことができます。
 
・「学芸員によるギャラリートーク」
日時:2019年10月13日(日)、10月27日(日)、11月4日(月)、11月17日(日) 各日14:00 -
 
 
本展について詳しくは、鹿児島県霧島アートの森のWebサイトをご覧ください。
https://open-air-museum.org/event/event-37314
 
 
【会場・問合せ】
鹿児島県霧島アートの森
〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220
tel. 0995-74-5945
https://open-air-museum.org/
 
- - -
 
小社にて刊行している石川直樹さんの写真集、著作等については以下よりご覧ください。
 
写真集『この星の光の地図を写す』
『世界を見に行く。』
『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』
写真集『Mt.Fuji』
写真集『POLAR』 *品切れ
 
雑誌「真夜中」
「No.14 2011 Early Autumn」 ※特集「ノンフィクション」に参加
「No.11 2010 Early Winter」 ※Essay+Photography「彼方へと向かう人 ―― トンガとサモア 秘密の島々」を寄稿
「No.10 2010 Early Autumn」 ※特集「トラベリング」〈三人の作家とエベレスト街道「世界はここに」〉に参加
「No.8 2010 Early Spring」 ※特集「ケンカ2010」に参加
「No.7 2009 Early Winter」 ※Special 三人の作家と富士山「浮世よ さようなら」に参加
「No.6 2009 Early Autumn」 ※巻頭コラム〈眠りの国〉を寄稿
「No.4 2009 Early Spring」 ※特集「たのしや地図 Let’s enjoy the map!」に参加
 
NEXTPREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store