『ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当』ウー・ウェン 著

『チオベン』の本を作る際に、巷にあるお弁当の本をリサーチしてみて、一番衝撃を受けたのが『ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当』でした。
 一つのお弁当に最低6品のおかず、さらにごはんもたこめしにするなど、これでもかと盛るchiobenとは対極の、肉か魚のたんばく質、野菜、そしてごはんを1/3ずつ、3つのパーツでお弁当が完結する。という潔さに痺れました。

 でも、そのお弁当が決して単調なわけではなく、素材の組み合わせ、味付け、詰め方、でバリエーションをもたせているのがこの本の見せ所。
 こってりトマトソースのハンバーグの横には、シンプルにじゃが芋とにんじんを焼いたもの、そしてごはんは別の弁当箱にたっぷりと。
 と、思えば、カジキを使ったとろみのあるカレーをごはんに載せて、つけ合わせは夏野菜の黒酢風味といった具合。
それぞれのコントラストが見事です。

「余分なものは入れず、こねくり回さず、奇をてらわず」というマニフェスト的な巻頭の文は、人生全てのことに通用しそうな教えで、無駄でできているような僕は、「さすがはウー・ウェン先生」とひれ伏す思いで拝読したのでした。