『頭の悪い日本語』古谷野敦 著

「学生はすべからく勉強に励むべきだ。」って、いきなり何かとお思いでしょうが、今日はこの文章にある「すべからく」のお話です。このすべからく、「当然なすべきこと」の意と取るか、「すべて」のちょっと高級ないい方と取るか、どちらか分かりますか? まあ、わかるか。
 答えは、本書を読んでいただくとして、この『頭の悪い日本語』はこうした言葉の誤用や勘違い、重言、なんとなくムズムズする言葉、インテリぶりたいワードなどなどを小谷野敦が徹底的に集め、一刀両断。僕もばっさばっさと切られました。いや、「ダメ出し」の意味、完全に間違えていたなー。そして、「爆笑」は一人でおおいに笑っても「爆笑」だと思っていた。
 読みすすめると、たしかに自分のつかっている言葉に対し、どれだけ僕らが無頓着だったかがよく見える。そして、それが気づかぬうちに周りから空気感染してしまうというおそろしさも。けれども、この本は決して正しい日本語の在り方を教えようとする類いのものではない。そもそも、小谷野の解説もずいぶん曲がりくねって偏っている。
 では、何が魅力かというと、自分自身で言葉を呼吸するというのが、どういうことなのかを著者自ら体を張って示しているところだ。結局、頭に記憶している言葉ではなく、自身に血肉化した言葉でないと容赦のない誰かには伝わらない。そんな時に、武器を磨く研ぎ石のような役割を果たす本なのだと思う。