ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

いしいしんじ 『マリアさま』

詳細
いしいしんじ 『マリアさま』

●● まずはお読みください!
●● 『マリアさま』試し読みはコチラより
●● SP盤(レコード)愛好家のいしいしんじさんが選曲する“『マリアさま』のためのサウンドトラック”も公開!
→ http://www.littlemore.co.jp/maria-sama/


いしいしんじ
3年ぶりの小説集――
『マリアさま』

2000年~2018年のあいだ、様々な媒体で書きためられた短篇・掌篇より、「新生」をテーマに、27篇、選りすぐりました。

- - -

森羅万象きらめく、
片隅で掬われた、って、
これは、そんなおはなし。

- - -

動かなくなったトビをぷいと吐きすて、私は再び身構えました。ばさばさとトビたちがはばたく気配がします。私は、もう見えない目でにらみつける。
――「犬のたましい」

本日は、祖父、晴臣をしのぶ会にお集まりいただき、まことにありがとうございます。孫の新子と申します。
――「とってください」

ごほり、ごほり、と濁った咳をティッシュペーパーでうけ、いいかい、と目線でたずね、こちらがうなずくとてのひらの上で紙をひらいてみせた。溶けたチョコレートのような粒々がそこにあった。「土だよ」
――「土」

「こんばん、西の山へいってみないか」横顔をむけたまませせらぎは黙っている。ゴトリ、ゴトリ、水車がまわり、だんだんとそれは、足もとの地面がゆっくり回転する音にきこえだした。せせらぎの手は砧を撫でつづけ、俺はふうと息をつき、川辺を離れた。
――「せせらぎ」

今日みたいにドライブがてら、「おそと」で音を拾って歩く姿を、わたしは物心ついたときから見なれている。十代半ばからは、京町家に泊まりにいった翌朝には、ほぼ決まってわたしを連れ、ケンチさんは「おそと」へでかけた。まるで、かたく閉じかけていたわたしの窓を、外いっぱいにひらくように。
――「自然と、聞こえてくる音」

虎は身を揺らせながら銀座通りを歩いている。歩行者天国ならぬ虎天国である。さすが銀座通りだ、と思う。
――「虎天国」

他、全27篇。「物語」の力、「物語」を読む時間を、大切に思える、一冊です。


[著者プロフィール]
いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。


著者:いしいしんじ

装幀・装画:有山達也

定価:本体価格1500円+税
ISBN 978-4-89815-510-3

2019年発行
仕様[A5判/260ページ/並製]


● サイン本入荷!
いしいしんじさん直筆のサイン本が入荷しました!
ただいま当Webサイトから『マリアさま』をお買い上げいただいたお客様には、サイン本をお届けいたします。
※サイン本は数量に限りがございますので、ご希望の方はお早目にご購入ください。

 
● 購入特典 『マリアさま』特製メッセージカード(非売品)プレゼント!
ただいま当Webサイトから『マリアさま』をお買い上げいただいたお客様に特製メッセージカード(非売品)をプレゼントいたします。
※購入特典は数量に限りがございますので、ご希望の方はお早目にご購入ください。

  • 商品コード: 9784898155103
  • 定価 (税込) 1,620 円
  • 数量
カートに入れる