ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

小林エリカ 『光の子ども3』

詳細
小林エリカ 『光の子ども3』

第一部、ここに完結。

1898年、マリ・キュリーが名づけた〈放射能〉の歴史を、2011年生まれの光少年と猫のエルヴィンが案内します。

戦争、科学、ファシズム、女たち、地震、デマ ――
重層的なテーマを、和紙に描かれた漫画、テキスト、写真や図など膨大な資料のコラージュで表現。

+

1915年 フリッツ・ハーバーの毒ガスが初めて戦場で使われる。その妻クララ・イマーヴァール自殺。
1918年 リーゼ・マイトナーら新元素プロトアクチニウム発見。
1919年 アインシュタイン、(最初の妻)ミレヴァと離婚成立。
1920年 ラジウムペイントの腕時計が大流行。
1921年 ヒトラー、NSDAP通称ナチ党の代表に。
1923年 関東大震災。
1925年 ムッソリーニ、イタリアで独裁を開始。日本で治安維持法公布。

+

〈放射能〉と、今日直面するエネルギー問題のつながりを読みとくアート・コミック。
注目の作家がライフワークとして取り組む〈歴史〉を捉え直す試み。


[著者プロフィール]
小林エリカ(こばやし・えりか)
1978年生まれ。作家・マンガ家。
著書、小説『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)にて芥川賞・三島賞候補に。アンネ・フランクと実父の日記をめぐる『親愛なるキティーたちへ』(小社)、短編集『彼女は鏡の中を覗き込む』(集英社)、作品集『忘れられないの』(青土社)他。
展示に、個展『野鳥の森 1F』(Yutaka Kikutake Gallery、東京)、グループ展『The Radiants』(Bortolami Gallery、ニューヨーク)他。
〈kvina〉としてポストカードブック『Mi amas TOHOKU 東北が好き』(小社)など。
http://erikakobayashi.com/


著者:小林エリカ

デザイン:五十嵐哲夫

定価:本体価格1800円+税
ISBN 978-4-89815-511-0

2019年発行
仕様[A5判/264ページ/並製]


● 購入特典 『光の子ども3』オリジナルポスター(非売品)プレゼント!
ただいま当Webサイトから『光の子ども3』をお買い上げいただいたお客様にはオリジナルポスター(非売品)をプレゼントいたします。
※購入特典は数量に限りがございますので、ご希望の方はお早目にご購入ください。
※ポスターは書籍と同送するため、折られた状態でのお届けとなります。丸筒での発送などには対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

  • 商品コード: 9784898155110
  • 定価 (税込) 1,944 円
  • 数量
カートに入れる