ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

『泣くロミオと怒るジュリエット』 鄭義信

詳細
『泣くロミオと怒るジュリエット』 鄭義信

再演熱烈大祈願緊急出版!

数々の演劇賞・映画賞に輝く現在最重要劇作家が生み出した“最新版ロミ・ジュリ” ―― それは「再起」と「希望」の物語だった。

差別、困窮、情報に翻弄される人々 ……
鄭義信は、シェイクスピアの大古典にきわめて現代的なモチーフを込めた。
すべての困難を、2人の愛なら乗り越えられるのか?
笑いと詩情が横溢する物語でありながら、そこにはリアリズムがある。
不安が煤のように降りかかる今、読まれるべき一作。


§あらすじ
とある戦争から5年後の、とある工場街。愚連隊「モンタギュー」 と「キャピレット」の抗争が、暗い街の空気をさらに不穏にしていた。元モンタギューのメンバーだが、今は更正してカストリ屋台を引いているロミオは、幼馴染と繰り出したダンスホールで、田舎から出てきたばかりのジュリエットに出会い、人生初の恋に落ちる。しかし ジュリエットは、敵方キャピレットのリーダーの妹だった。2人の出会いはほんの短い間に、周囲の運命まで一変させることになり ……


◇ 出版にあたり、著者の鄭義信さんと本作でジュリエットを演じた柄本時生さんよりコメントをいただきました! ◇

ロミオは泣き濡れている。ジュリエットは怒りまくっている。時代は嵐に向かっている。僕たちは嵐に向かって叫ぶことはできるのだろうか。
「演劇は不要、不急の代物なんかじゃない!」
今こそ、今だからこそ、もっと生きることの喜びを!もっと愛を、希望を、勇気を!そして、もっと演劇を!
―― 鄭義信

ロミオとジュリエットという戯曲が鄭義信さんらしく生まれ変わっております。
笑えます。泣けます。考えさせられます。
この芝居に携わった人間としてはここで終わらせたくない、別の方が演じるのも観たい、
分かりやすく言うとこの戯曲のファンになってしまいました。
どんな形でもいい、上演すればするほどこのロマンチックすぎる作品は面白くなり、俳優を職業にしている人達の宝になっていくと思います。
ぜひ再演願っております!
ジュリエット役は僕じゃなくてもいいですよ。
いや、僕でもいいんですけど。
―― 柄本時生


[公演情報]
桐山照史、柄本時生らが出演し、今年2月から公演され(於・Bunkamuraシアターコクーン)、大好評を博すも、コロナ禍で残り6日で公演中止に(大阪公演は全中止)。
再演希望の声が高まる傑作を体験できるのは、本書のみ!
→ https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_romeo-juliet/


著:鄭義信

ブックデザイン:宮川隆
絵:阿部海太

定価:本体価格2000円+税
ISBN 978-4-89815-524-0

2020年発行
仕様[四六判/196ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898155240
  • 定価 (税込) 2,200 円
  • 数量 お一人様1点まで :
カートに入れる