ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

『縷縷日記』 市川実和子・eri・東野翠れん

詳細
『縷縷日記』 市川実和子・eri・東野翠れん

市川実和子、eri、東野翠れん…3人のあいだでこっそりと回されていたヒミツの“交換日記”

むかし教室にいる女の子たちのあいだを、くるくるとまわっていたノート交換日記。
それは、紙の上だけにうまれたぬくもり、あまずっぱい秘密の場所。
女優、モデルとして希有な存在感を放ちつづけている市川実和子、服飾ブランドchico、motherを立ち上げ、ドローイングの美しさでも注目されるeri、そして数多くの雑誌で活躍中の、光を写すフォトグラファー東野翠れん。仲よしの3人が、いまでもこっそり交換日記をつづけているとしたら?
3人の手書き(手描き)のノートをそのまま掲載した交換日記と、それぞれのクリエイションがとけあう絵物語や写真物語から成る1冊。

1、プロローグ:大好きな2人について、日頃口にはできないことを書きました。(著・実和子/eri/翠れん)
2、写真物語:主演:市川実和子/撮影:東野翠れん/スタイリング:eri 片山令子さんの詩「過ぎてゆく手とそのささやき」に合わせて3人が作りあげた写真物語です。
3、写真しりとり:あじさい いろとりどり りにょうさよう……淡い色彩の写真で、しりとりをしました。
4、交換日記:古い切手、押し花、写真、お菓子の包み紙、シール、ちいさな絵……大事にしまっておいたものをそこらじゅうにちりばめて、ペンを走らせ、記憶のかけらを閉じ込めるようにしてできあがったページたち。1人の部屋、3人で行くパリ、詩、代々木公園、カチューシャ、風邪、花、自由、仕事、ママ、うつろう季節、あの曲……。かけがえのない出来事と感情は、温もりを失うことなく黒いノートにそっとしまわれるのです。
5、絵物語:実和子が日本語、翠れんが英語で、eriが描いた絵に、それぞれが思い浮かべた物語をつけました。

著者:市川実和子・eri・東野翠れん
デザイン:植原亮輔(DRAFT co.,ltd)

定価:本体価格1700円+税
ISBN 4-89815-167-1

2006年発行
仕様[A5タテ変型/128ページ/ハードカバー]

  • 商品コード: 4898151671
  • 定価 (税込) 1,836 円
品切
関連商品
『イスラエルに揺れる』東野翠れん

『イスラエルに揺れる』東野翠れん

定価(税込) 1,728 円

【Little More〈真夜中〉BOOKS 第5弾!】幼い頃から何度も訪れている、母の生まれた地、イスラエル。長く続く戦時下でも、日常を生きる家族や友人がいる。教科書やニュースでは知ることのない、美しい自然と人々のありさまを、瑞々しい筆致で綴ったエッセイ。 

詳細
『風花空心』 ことば:湯川潮音/写真:東野翠れん

『風花空心』 ことば:湯川潮音/写真:東野翠れん

定価(税込) 1,728 円

写真は踊り、ことばは歌う ―― 世界でいちばん美しいブログが一冊の本になりました。FM局[J-WAVE]のサイトで公開されていた【東野翠れん plus 湯川潮音 blog】を、温もりとともに紙の上にまとめた一冊です。 

詳細