ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

瀬戸正人写真集『binran』

詳細
瀬戸正人写真集『binran』

アジアの夜。
光に溶けず、闇に染まらず、したたかに生きる女たち。

台湾の街道筋に立ち並ぶ、電飾を施したガラスの箱の中で、今夜もビンランを売る女性たち。
その生の輝きが、見る者の現実を超えた存在感で迫る。
見ているうちに目が眩み、感覚が麻痺していく、この写真集はまるでビンランそのもののよう。

ビンラン(檳榔):
ヤシ科の植物で、種子には覚醒作用があり、アジア各地の庶民のあいだで親しまれている。台湾では先住民族の嗜好品だったが、やがて漢民族にも広まっていった。
噛むと口中が真っ赤な唾液で満たされる。吐き出された唾液の痕は、その鮮血のような色と花びらのような形から、ティーユーフォア(地獄花)と呼ばれるという。

著者:瀬戸正人
造本:町口覚
デザイン:坂本陽一(match and company, inc.)

定価:本体価格2800円+税
ISBN 978-4-89815-252-2

2008年発行
仕様[A4ヨコ/96ページ/上製/オールカラー]

  • 商品コード: 9784898152522
  • 定価 (税込) 3,080 円
  • 数量
カートに入れる