柴田秀一郎写真集『バス停留所』

詳細
柴田秀一郎写真集『バス停留所』

47都道府県すべてをめぐる。
この不思議な形をさがして。

日本の路線バスは、過疎化の進行やマイカーの普及などにより減少の一途を辿ってきた。
そして2002年度の規制緩和が赤字路線を抱えるバス会社を直撃し、路線の廃止や減便に拍車がかかる。
バス停は、廃止になれば、取り払われ跡形もなくなる……。


写真家が12年をかけて歩き撮った、47全都道府県、188ヶ所の「バス停のある風景」。
全国の町や村にぽつんと佇む、郷愁漂う「バス停留所」の数々を収めたモノクロームの写真群が、どこか懐かしく、私たちの心を捉える一冊です。


- - -
よくぞこれだけのバス停の写真を撮ったと感嘆する。
田舎道にぽつんと立つバス停は地蔵のようにも灯台のようにも
見える。懐かしい詩情が逆にいま実に新鮮だ。旅に出たくなる。
川本三郎(評論家/オビ文より)
- - -


[著者プロフィール]
柴田秀一郎(しばたしゅういちろう)
1963年東京都杉並区生まれ。
「標(しるべ)~バス停にて~」で第11回酒田市土門拳文化賞・奨励賞(2005年)を受賞。


著者:柴田秀一郎
装幀:白石良一、坂本梓(白石デザイン・オフィス)

定価:本体価格2500円+税
ISBN:978-4-89815-286-7

2010年発行
仕様[A5ヨコ/196ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898152867
  • 定価 (税込) 2,700 円
  • 数量
カートに入れる