ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

『海と川の匂い』 伊佐山ひろ子

詳細
『海と川の匂い』  伊佐山ひろ子

===== Little More〈真夜中〉BOOKS 第2弾! =====
強烈な存在感で日活ロマンポルノを彩った女優が、言葉で演じる少女と女のなまなましい瞬間。14年ぶりの著作。


1972年、『白い指の戯れ』で鮮烈なデビューを飾り、以降現在まで多くの映画・テレビに出演、近年は日活ロマンポルノの再評価に伴い、若年層のファンも獲得している女優・伊佐山ひろ子。
80年代後半からは、エッセイ・小説を発表し、その赤裸でナイーブ、私的でありながら開かれた文章は多くの人を魅了しました。


犬の骨を埋める場所を探して彷徨う女性、
初めて映画の撮影にのぞむ新人女優、
共に過ごした恋人との時間を思い出す女性、
身のまわりにある死を意識し始めた少女の日常……。
自身の中で漂っていた記憶のカケラを元に、人と人が交差し離れていく時間、その中でわき起こる感情の揺れを物語の中に閉じ込めました。

匂いたつ文章は美しく響き、セピア色の情景が映画フィルムのように回り出す珠玉の8編。


--
心が軽く脳しんとうを起こしそうな短編集。
詩の森のなかで、物語が道に迷って、
うろうろ、そわそわ、わくわくしている。
金原瑞人(オビより)
--


[著者プロフィール]
伊佐山ひろ子(いさやま ひろこ)
福岡女学院高校から俳優座小劇場付属養成所を経て、1972年『白い指の戯れ』(村川透監督)で映画デビュー。
同年、キネマ旬報主演女優賞を受賞。以後、映画、テレビに多数出演。
代表作に、『一条さゆり 濡れた欲情』(神代辰巳監督)、『女地獄 森は濡れた』(神代辰巳監督)、『エロスは甘き香り』(藤田敏八監督)、『ボクサー』(寺山修司監督)、『近頃なぜかチャールストン』(岡本喜八監督)、『博多っ子純情』(曽根中生監督)、『海峡』(森谷司郎監督)、『浪人街』(黒木和雄監督)、『Helpless』(青山真治監督)など。
また、80年代よりエッセイや小説の執筆も手掛け、著書に『嫌いは嫌い、好きは好き』『琲・卵・周・期』『熱い舌』『独身術』『学校の犬』、写真集に『昭和』(写真・沢渡朔)がある。


著者:伊佐山ひろ子

装幀:服部一成

定価:本体価格1600円+税
ISBN:978-4-89815-287-4

2010年発行
仕様[四六判/164ページ/上製]

  • 商品コード: 9784898152874
  • 定価 (税込) 1,728 円
  • 数量
カートに入れる