島袋道浩作品集 『扉を開ける』

詳細
島袋道浩作品集 『扉を開ける』

1990年代の初めより世界中を旅しながら、人間の生き方やコミュニケーションに関する作品を制作。現在ベルリンを拠点に活動するアーティスト、島袋道浩。
パフォーマンス、インスタレーション、ビデオ、写真、ドローイング、テキストなど様々なメディアによる詩的でユーモアにあふれる作品は、旅の中で見た風景や出会った人々、そこにあったかけがえのない瞬間、それらに触れた島袋の自由な想像力から生まれています。

本書は著者の代表作35点を多数の写真と自らのテキストで詳細に紹介。
実際にその場で体験しなければ伝わりにくい作品のひとつひとつをわかりやすく追体験できるようになっています。

現代美術入門書としてもおすすめの一冊です。

表紙は本書にも収録されている[飛ぶ私](2006)。
自身の等身大の凧を作り、飛ばしたものです。


■島袋道浩

1969年、神戸市生まれ。ベルリン在住。92年サンフランシスコ美術大学卒業。
2008年ー2009年にかけて東京・青山にあるワタリウム美術館で開催された個展「美術の星の人へ」が記憶にあたらしい。
国内では、今年の8/21~10/31に開催される「あいちトリエンナーレ2010」ほか、東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、兵庫県立美術館など、また国外では、パリのポンピドー・センター、ロンドンのヘイワード・ギャラリーなどでのグループ展、03年ヴェニス・ビエンナーレ、06年サンパウロ・ビエンナーレなどの国際展に多数参加。


著者:島袋道浩
AD:中島英樹

定価:本体3800円+税
ISBN978-4-89815-295-9 C0070

2010年発行
仕様[A4変形/カラー160ページ/ソフトカバー]

  • 商品コード: 9784898152959
  • 定価 (税込) 4,104 円
  • 数量
カートに入れる