ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

『押し入れの虫干し』高山なおみ

詳細
『押し入れの虫干し』高山なおみ

===== Little More〈真夜中〉BOOKS 第6弾! =====


心の奥にあった少女時代のこと ――

人気料理家・高山なおみが、
曇りない五感で紡ぐ、少女の頃の濃密な時間。
四季によりそい、原点を旅した、自伝的な物語。

執筆活動におけるひとつの到達点を示した意欲作!

--
小学校に上がると、虫下しの粉薬を飲まされた。飼い猫の口をこじ開けて自分の唇を押し込んだり、足を噛んだり、口移しでごはんをあげたりするからだと母に怒られた。
だけど私は、道に落ちているおせんべいも、鼻くそも、消しゴムも、味がするものは何でも口に入れるのをやめなかった。鉄棒は、血と同じ味がするのも知っていた。
(「サツキの花の蜜」より)
--

サツキの花の蜜
スイカのぬか漬け
養命酒の茶色い瓶
水色のズック靴の義足
紙のカーネーション
床の間の提灯
雨の日のアイロン
ハンコの引き出し
(全八篇収録)


[著者プロフィール]
高山なおみ(たかやま・なおみ)
1958年静岡県生まれ。
レストランのシェフを経て料理家に。
文筆家としての顔も持ち、著書に『帰ってから、お腹が空いてもいいようにと思ったのだ。』(文春文庫)、『たべる しゃべる』(情報センター出版局)、絵本『UN DEUX』(絵・渡邉良重/リトルモア)、『野菜だより』『今日のおかず』『日々ごはん(1)~(12)』(以上アノニマ・スタジオ)、『十八番リレー』(川原真由美と共著/NHK出版)、『高山ふとんシネマ』(幻冬舎)など多数。
ホームページhttp://www.fukuu.com/


著者:高山なおみ

装画:合田ノブヨ(表1)、他は著者の子供の頃の絵
ブックデザイン:祖父江慎+佐藤亜沙美(cozfish)

定価:本体価格1500円+税
ISBN:978-4-89815-325-3

2011年発行
仕様[B6変型/192ページ/上製]

  • 商品コード: 9784898153253
  • 定価 (税込) 1,650 円
  • 数量
カートに入れる
関連商品
『料理=高山なおみ』

『料理=高山なおみ』

定価(税込) 2,200 円

読むほど おいしい
なんどでも、なんどでも作りたくなるレシピ109品。
高山なおみの料理のすべてを、一冊に込めました。
 
  

詳細
『アンドゥ 新装版』 絵:渡邉良重/文:高山なおみ

『アンドゥ 新装版』 絵:渡邉良重/文:高山なおみ

定価(税込) 2,420 円

1(アン)、2(ドゥ)、1(アン)、2(ドゥ)と、左右交互にページをめくることにより、絵が繋がり、変化し、進んでいく物語 ―― ある女性の物語は、造本の稀な仕掛けと響き合い、静かな感動がいつまでも続きます。二度とはない出会いから生まれた、大人の、奇跡の絵本。待望の新装版! 

詳細