『曾根崎心中』角田光代(原作:近松門左衛門)

詳細
『曾根崎心中』角田光代(原作:近松門左衛門)

愛し方も
死に方も、
自分で決める。


江戸時代、元禄期の大坂で人々が狂喜したように、激烈な恋の物語が今また私たちの心を掻きたてる。
運命の恋をまっとうする男女の生きざまは、時代を超えて、美しく残酷に、立ち上がる ―― 。


300年前、人形浄瑠璃の世界に“心中もの”の大流行を巻き起こした近松の代表作「曾根崎心中」を、直木賞作家・角田光代が現代に甦らせる!


--
これが恋か。初は思った。これが、恋か。
ほほえみながら、泣きながら、高笑いしながら、物思いにふけりながら、不安に顔をゆがめながら、嫉妬に胸を焦がしながら、記憶に指先まで浸りながら、幾度も幾度も、思った。
これが、これが、これが、恋。
(本文より)
--


出会ってしまった心を、止めることはできない。
これが、恋のかたち。

幾世の時を超え、いま究極の恋物語がふたたび始まる。


著者:角田光代

原作:近松門左衛門
装幀:鈴木成一デザイン室

定価:本体価格1400円+税
ISBN:978-4-89815-326-0

2011年発行
仕様[四六判/176ページ/上製]

  • 商品コード: 9784898153260
  • 定価 (税込) 1,512 円
  • 数量
カートに入れる