『蟻地獄』 板倉俊之

詳細
『蟻地獄』 板倉俊之

デビュー作『トリガー』から3年、
インパルス・板倉俊之、書き下ろし超大作ついに完成!

--

主人公・二村孝次郎は、幼馴染で悪友の大塚修平とともに、カジノでの大儲けを計画する。裏カジノでのイカサマを成功させ、大金を手に入れたかと思いきや、案内された別室でオーナーの柏木にたっぷりと痛めつけられる。
イカサマは見破られていたのだ――。
修平を人質にとられ、期日までに300万円を準備するように要求された孝次郎は、金をつくるために、一人青木ケ原樹海へ足を踏み入れる。

物語は動き出す……。

五日だ。
五日後の――六時二十三分だ。
それまでに金を作って
ここに持って来い

--

圧倒的筆力、緻密に練られたプロットで
読む者さえも欺く本格エンタテインメント!

芸人本の枠を大きくはみ出す入魂の傑作巨編!
怒濤の436ページ!!


著者:板倉俊之
デザイン:水戸部功

定価:本体価格1700円+税
ISBN:978-4-89815-336-9

2012年発行
仕様[四六判/436ページ/上製]

  • 商品コード: 9784898153369
  • 定価 (税込) 1,836 円
  • 数量
カートに入れる
関連商品
板倉俊之 『ことわざドリル』

板倉俊之 『ことわざドリル』

定価(税込) 1,132 円

〈早起きは…… 風が吹けば…… 犬も歩けば…… 焼け石に…… 豚に…… 花より…… ローマは一日にして…… ペンは剣より……〉どこかで聞いたことがある(かもしれない)ことわざを、最後まで言えますか? インパルス・板倉俊之の国語テスト ―― 笑いこみあげる、全92題! 

詳細
『トリガー』 板倉俊之

『トリガー』 板倉俊之

定価(税込) 1,620 円

実力派お笑い芸人、インパルス・板倉俊之による、怒濤の書き下ろし初小説! 2028年、射殺許可法下の日本、拳銃ベレッタを手に、トリガーが「悪」を裁く ―― ふいに現れた、破格の新人が描く本格ハードボイルド小説、ここに誕生!
  

詳細