ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

亀山亮写真集『AFRIKA WAR JOURNAL』

詳細
亀山亮写真集『AFRIKA WAR JOURNAL』

◆ 第32回 土門拳賞受賞 ◆

コンゴ、リベリア、シエラレオネ、ブルンジ、スーダン、アンゴラ、ケニア
隻眼のカメラマンが見つめたブラックアフリカ


本書は、亀山亮が2003年から2010年まで
アフリカの危険地帯で撮影した写真120点で構成。

今日も虐殺、レイプ、略奪――が繰り返されている、
世界でもっとも悲惨な戦場の実態を、
若き日本人カメラマンの視点で記録した写真集です。

巻末に著者の生い立ちと現在までの撮影の詳細を綴った
110枚書き下ろし原稿を掲載しました。

遠く離れた国で苦しみに喘ぐ人たちと、
著者の人生が交差するまでの軌跡を読むことができます。


- - -
決定的瞬間や戦闘場面ばかりを追い求めるのではなく、
その場の空気感、現場で呻吟する人たちの息づかい、
存在の片鱗を写真に残すことが大事だと思った。
それをどうやって写真に閉じ込めるのかはわからなかったが、
現場に行かなくては何も始まらないことだけは確かだった。
――本文より
- - -

※書名の「AFRIKA」は、アフリカのスワヒリ語表記。
スワヒリ語はアフリカ東岸部で広く使われている。

[著者プロフィール]
亀山 亮(かめやま・りょう)
1976年生まれ。
1996年よりサパティスタ民族解放軍(先住民の権利獲得運動)など中南米の紛争地の撮影を始める。
2000年パレスチナ自治区ラマラで インティファーダ(住民蜂起)の取材中、イスラエル軍が撃ったゴム弾により左目を失明する。
現在はアフリカの紛争地を集中的に撮影。
パレスチナの写真で2003年さがみはら写真新人賞、コニカフォトプレミオ特別賞。
著書に『Palestine:Intifada』『Re:WAR』『Documentary写真』『アフリカ 忘れ去られた戦争』などがある。


著者:亀山 亮

デザイン:本多晋介

定価:本体価格2200円+税
ISBN:978-4-89815-343-7

2012年発行
仕様[A4変型(天地297mm×左右230mm)/184ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898153437
  • 定価 (税込) 2,376 円
品切