『鄭義信戯曲集 たとえば野に咲く花のように/焼肉ドラゴン/パーマ屋スミレ』 鄭義信

詳細
『鄭義信戯曲集 たとえば野に咲く花のように/焼肉ドラゴン/パーマ屋スミレ』 鄭義信

鶴屋南北戯曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞 演劇部門、読売演劇大賞・最優秀作品賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、朝日舞台芸術賞グランプリ……その年の演劇賞を独占した『焼肉ドラゴン』を含む通称「在日三部作」を一挙収録!


再演を待望される三つの戯曲には、在日コリアンである劇作家・鄭義信(チョン・ウィシン)自らの原風景が色濃くにじむ。

- - -

「たとえば野に咲く花のように」
朝鮮戦争勃発直後、港町のダンスホールにて。
大戦の傷の癒えない男と女、特需に違和感を抱く若き在日朝鮮人、再び戦火に身を投じる男、待つ女……。

「焼肉ドラゴン」
高度経済成長期、朝鮮人集落のホルモン屋にて。
故郷を遠く離れた日本で懸命に働く父、奪われた腕、やっと築いた家族、根強い差別、「発展」の大義のもとに家族をおびやかす行政……。

「パーマ屋スミレ」
ふたつの戯曲の間、60年代、九州の炭鉱にて。
厳しい労働環境、壊れていく炭坑夫たち、薄い保障、終わりのない争議、閉山……。

- - -

強制連行、炭鉱労働、朝鮮戦争、高度経済成長、困窮、差別……
激動の昭和を、もがきながら、それでも笑みを忘れずに歩んだ人々の物語。


[著者プロフィール]
鄭義信(チョン・ウィシン)
1957年、兵庫県姫路市出身。劇作家、脚本家、演出家。'83年、劇団黒テントに入団。'87年、劇団新宿梁山泊の旗揚げに参加、'96年退団。'93年に初演の『ザ・寺山』で第38回岸田國士戯曲賞を受賞。
'08年初演の本書収録「焼肉ドラゴン」で第12回鶴屋南北戯曲賞、第16回読売演劇大賞 大賞・最優秀作品賞、第43回紀伊國屋演劇賞個人賞、第8回朝日舞台芸術賞グランプリ、平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門を受賞した。
映画脚本では、『月はどっちに出ている』('93)で毎日映画コンクール脚本賞、キネマ旬報脚本賞、『愛を乞うひと』('98)でキネマ旬報脚本賞、日本アカデミー賞最優秀脚本賞、菊島隆三賞、アジア太平洋映画祭最優秀脚本賞、『OUT』('02)で毎日映画コンクール脚本賞、『血と骨』('04)でキネマ旬報脚本賞を受賞している。


著:鄭義信

装幀:鈴木成一

定価:本体価格2500円+税
ISBN 978-4-89815-365-9

2013年発行
仕様[四六判/496ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898153659
  • 定価 (税込) 2,700 円
  • 数量
カートに入れる