『光の子ども1』 小林エリカ

詳細
『光の子ども1』 小林エリカ

1900年のパリの万博と21世紀の福島はつながっている.
キュリー夫人が発見した放射性の物質の歴史を光少年と猫のエルヴィンが案内してくれる.

希望と不安.半減期.

それは生きものの体に刻まれた時間だ.
タイム・リミット. まだ間に合う? まだ?

―― 萩尾望都(帯コメントより)


小林エリカ渾身の新作コミック、テーマは“放射能”
―― それはいつ、どこから、どうやって、ここに来たのか?

いまから115年前、科学者マリ・キュリーによって名づけられた“放射能”。
マリが「わが子」と呼んだ、幻想的な青白い光を放つ新元素ラジウムは、本当に人類の希望だったのか?
マンハッタン・プロジェクト、広島・長崎、スリーマイル、チェルノブイリ、そして…。

2011年の日本に生まれた主人公“光”と、猫の“エルヴィン”を通じて、“放射能”の歴史がひもとかれていく。

史実とフィクションを交えた物語。
センシティブかつ強烈な意欲作。

〈巻末には放射能をとりまく歴史が一目でわかる年表と地図、ブックリストも収録〉


マンガ「光の子ども」特設サイト
→ http://www.littlemore.co.jp/hikarinokodomo/

*『光の子ども1』刊行記念インタビュー公開*


著者:小林エリカ

デザイン:五十嵐哲夫

定価:本体価格1400円+税
ISBN 978-4-89815-375-8

2013年発行
仕様[A5判/188ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898153758
  • 定価 (税込) 1,512 円
  • 数量
カートに入れる
関連商品
『光の子ども2』 小林エリカ

『光の子ども2』 小林エリカ

定価(税込) 1,728 円

小説「マダム・キュリーと朝食を」で芥川賞・三島賞候補となった小林エリカがひもとく〈放射能〉の歴史。
長寿の妙薬として世界的ブームとなった新元素ラジウム。〝希望の光〟はいかにして兵器となり、広島と長崎への原子爆弾投下という歴史的悲劇をもたらしたのか。
マンガ表現の最先端がここにある。 

詳細
『親愛なるキティーたちへ』 小林エリカ

『親愛なるキティーたちへ』 小林エリカ

定価(税込) 1,728 円

ひとりひとりが、その人生の選択の余地を、握っている。
ユダヤ人の少女、アンネ・フランク13歳。私の父、小林司16歳。戦争という同時代を生きた二人の日記に導かれ、ドイツ、ポーランド、オランダへ。
死から生へと向かう、命の感触をもとめた17日間の旅。 

詳細
『Mi amas TOHOKU 東北が好き』 kvina 〈LPB012〉

『Mi amas TOHOKU 東北が好き』 kvina 〈LPB012〉

定価(税込) 1,080 円

《東北を訪ねたい。東北で、出会いたい》
小林エリカ、田部井美奈、野川かさね、前田ひさえによるクリエイティブユニットkvina(クビーナ)が、東北で出会った人、もの、ひとつひとつの想いを、伝えます。
「ミ アーマス トウホク」は、かつて岩手で暮した宮沢賢治も学んだエスペラント語で「東北が好き」を意味する言葉です。 

詳細