『たまきはる』 神蔵美子

詳細
『たまきはる』 神蔵美子

大反響の前作『たまもの』から12年の歳月を葛藤し生まれた力作!!
スキャンダラスで文学的な「私小説/私写真」。

父の死。
「生きていたくない」と思った長い鬱のトンネル。
夫・末井昭とのぎくしゃくした生活。
さまざまな人たちとの出会いと別れ。
それらのことを聖書と照らし合わせながら、写真と文章で綴っていきます。

(本書に出てくる人たち)
野田凪さん、銀杏BOYZ、ドッグレッグスのレスラーがっちゃん、イエスの方舟のリーダー千石剛賢さん、田中小実昌さん、独立教会の牧師だった田中遵聖さん、パチプロの田山幸憲さん、寺山修司さん、江本純子さん。

本書は聖書を巡る心の旅です。


- - -
「神さまは、いるの?」と、なぎちゃんに聞かれた。
「うん、神さまは、いるよ」
「わたしのこと見ているの?」
「うん、見ているよ」
「『神さまは、感謝するものに、より多くの恵みを与える』って聖書に書いてあるよ」
(本文より)
- - -


60ページに及ぶ文章と、168点(うち、カラー70点)の写真で構成された、究極の「私小説/私写真」。


■『たまきはる』へ、多くのコメントが寄せられています■
- - -
[コメントをお寄せいただいた皆さま]
荒木経惟さん(写真家)、森山大道さん(写真家)、
よしもとばななさん(作家)、川上未映子さん(作家)、
リブロ池袋本店 辻山良雄さん、
紀伊國屋書店新宿本店 今井麻夕美さん、
SPBS 鈴木美波さん、ブックス・ルーエ 花本武さん、
内田真由美さん(アート・コーディネーター)、
上杉清文さん(劇作家・日蓮宗本国寺住職)、
町田マリーさん(女優)、中村チンさん(農家・僧侶)
塚田佳奈さん(デザイナー)、河井克夫さん(漫画家)
ペヤンヌマキさん(ブス会*主宰・劇作家・AV監督)
※コメント掲載順

『たまきはる』へ寄せられたコメント集をご覧いただけます。
※PDFが別ウインドウで立ち上がります。

- - -


[著者プロフィール]
神蔵美子(かみくら・よしこ)
東京都生まれ。慶應義塾大学文学部国文学科卒。写真家。
著書に『たまゆら』(マガジンハウス)、『たまもの』(筑摩書房)。


著者:神蔵美子

表紙被写体:末井昭


デザイン:松本弦人


定価:本体価格3000円+税
ISBN 978-4-89815-394-9

2014年発行
仕様[B5ヨコ/232ページ/並製]


※「神蔵美子」の「蔵」は、本来、旧字体にて記します。

  • 商品コード: 9784898153949
  • 定価 (税込) 3,240 円
  • 数量
カートに入れる