『生きるための料理』 たなかれいこ

詳細
『生きるための料理』 たなかれいこ

食べもので体をあたためることは、難しいことではありません。
季節の野菜を知り、伝統的製法の調味料を使うだけです。
料理をしておいしく食べることは楽しみでもありますが、料理をしなくても、食べものでからだの中からあたためることはできます。
本書では、料理以前のことから簡単な料理まで、季節に合った野菜でのあたため方をご紹介しています。
食べものを選択し、あたため料理をして食べていると、すぐに違いがわかります。
まず知らず知らず笑顔が出てきます。肩こりなど軽くなります。
――「はじめに」より


食べ物教室やファームを運営し、健やかな生活のありようを提案する料理家、たなかれいこ。
食に関わった30年間、医者いらずの生活をおくる彼女が丁寧に教える食材やレシピは、わたしたちに快適で健康な生活を届けてくれます。


葛、ごぼう、れんこん、にんじん、大根、長ねぎ、さつまいも――
本書は、これら“ 体をあたためる食材” をメインに44品のレシピと、簡単なだしのとり方やおいしいご飯の炊き方を写真と共に紹介しています。
旬の食材で体をあたためることは、体本来の機能を呼びさまし、豊かな生活をおくるための基本。
子どもから大人まで誰にでも効く、おいしい方法です。


【収録レシピ〈一部抜粋〉】

*地鶏むね肉と小松菜のスープ
*きんぴらバルサミコ酢仕上げ
*れんこんの素揚げマリネ
*にんじんのアーモンド和え
*地卵の蒸し物、大根あん
*長ねぎとじゃこの炒め物
*さつまいもの蒸しサラダ
*サラダビーフン
…含む、全44品


からだを中からあたためる。きれいにする。
生きる基礎を作る料理。


[著者プロフィール]
たなかれいこ
食のギャラリー612代表。
1952年6月12日 神戸生まれ、札幌育ち。CMスタイリストを経てNYに遊学。滞在中に「自然食」に興味をもつ。現在「612食べ物教室」を開催、食を通じた、健やかな生活のありようを提案している。2000年より東京と行き来しながら、長野県蓼科の612ファームにて無農薬・無肥料・不耕起のファーミングで野菜を育てている。612ファームでは、「畑と森のたべもの教室」も開催される。
著書に『自然の元気をいただきます』『本気でおやつ』(ともに文化出版局)、『穀物ごはん』(青春出版社)、『たべるクリニック』『食べると暮らしの健康の基本』(ともにmillebooks)など。
→ http://www.612co.net


著者:たなかれいこ

撮影:長野陽一
編集:赤澤かおり
アートディレクション:有山達也
デザイン:岩淵恵子(アリヤマデザインストア)

定価:本体価格1500円+税
ISBN 978-4-89815-391-8

2014年発行
仕様[A5判/128ページ/並製/フルカラー]

  • 商品コード: 9784898153918
  • 定価 (税込) 1,620 円
  • 数量
カートに入れる