『夜のギニョール劇団 ロベール・クートラス ポストカードブック』

詳細
『夜のギニョール劇団 ロベール・クートラス ポストカードブック』

1930年パリに生まれ、85年パリに没した
知られざる異才の画家、ロベール・クートラス。

彼が作り上げた手札サイズの作品“カルト”。
6000枚から16枚を選び抜き、ポストカード集にしました。
原寸大で作品を味わえる作品集でもあります。

- - -

クートラスは画廊と2度契約を交わしましたが、いずれもすぐに解消し、いわゆる画壇と距離をおきながら、己に忠実であろうと、貧困のなかで自らの作品を究めました。
画材にも事欠いた彼は、街で拾ったボール紙を切り、手札サイズの作品“carte ―― カルト”を作り上げました。6000枚つくったと言われています。
クートラスは、カルトを手に載せ、沸き起こる物語を描き連ねました。もっぱら夜に描いたのでカルトを “僕の夜”と呼びました。
“カルト”には、いろんな過去を持つ流浪の住民や彼自身の人生が、まるでギニョール劇団(人形劇団)やサーカスのように哀しく陽気に描かれています。

生前、クートラスの作品は、華やかな評価はありませんでした。
しかし、没後30年を経たいま、日本で、フランスで、高い人気と評価を博しています。


[展覧会開催]
没後30年 ロベール・クートラス展「夜を包む色彩」
会期:2015年2月8日(日)- 3月15日(日)
会場:渋谷区立松濤美術館(東京・渋谷)


[かつてない造本で“カルト”を手元に!]
1枚1枚のポストカードから“カルト”の部分だけを切り抜けるように、あらかじめミシン目が入っています。
お気に入りの“カルト”を手元に置いて、ぜひお楽しみください。


[著者プロフィール]
絵:ロベール・クートラス(ろべーる・くーとらす)
1930年パリ生まれ。10代から工場に勤め、その後、石工となる。両親の反対にあいながらも仕事の傍ら作品づくりを続けた。リヨンの美術学校を経て、28歳でパリへ戻り画廊と契約。現代のユトリロとも評されたが、画廊の方針が合わず契約解除。後に別の画廊とも契約するが長続きしなかった。画材も買えないほどの困窮のなか、67年頃からカルト(carte)という手札大のカードの制作に没頭し始める。6000枚も制作したという。他にグアッシュや油絵、テラコッタなど制作物は多岐に渡る。85年にパリで逝去。作品集に『僕の夜』(エクリ)がある。

文:岸 真理子・モリア(きし・まりこ・もりあ)
1977年に日本の画廊のパリ支店で働くため渡仏。クートラスと出会い晩年をともに過ごす。遺言で指定された「クートラスの遺品の管理人」。 本人が売ることも散逸させることも許さず “Reserve du patron(親方の獲り分)”と呼んだリザーブ・カルトを含め、作品を保管している。現在パリ郊外在住。著書に『クートラスの思い出』(リトルモア)がある。


絵:ロベール・クートラス
文:岸 真理子・モリア

装丁:木村裕治、後藤洋介(木村デザイン事務所)
定価:本体価格1600円+税

ISBN 978-4-89815-398-7

2015年発行
仕様[ポストカード(150×105mm)16枚〈“カルト”部分切り抜きミシン目入り〉/まえがき・あとがきほか収録 全40ページ]

※本書のポストカードは、第1種の定形郵便物です(料金:82円)。繊細な作りとなっておりますので、送付の際などにカルトの部分が、抜け落ちる可能性もございます。お取り扱いに充分ご注意ください。

  • 商品コード: 9784898153987
  • 定価 (税込) 1,728 円
  • 数量
カートに入れる
関連商品
『クートラスの思い出』岸真理子・モリア

『クートラスの思い出』岸真理子・モリア

定価(税込) 1,728 円

飢えたとしても、自分を貫く。古代人のように存在の深みから作品を生み出し、獣のように激しい「情」を持った。パリで生まれ、死んだ画家クートラス。最後の恋人が、彼の生涯を綴った ―― 伝記にして芸術論、そして恋の物語。
〈未発表デッサンを含む、図版多数収録!/特別寄稿:堀江敏幸〉 

詳細