『光の子ども2』 小林エリカ

詳細
『光の子ども2』 小林エリカ

個々の人々の想いと、歴史のうねり。
小林エリカさんは近い将来、
この国の最も重要な表現者の一人になるだろう。
――中村文則(帯コメントより)


小説「マダム・キュリーと朝食を」で芥川賞・三島賞候補となった小林エリカがひもとく〈放射能〉の歴史。

マンガ表現の最先端がここにある。

・マリ・キュリーが発見した新元素ラジウムは、長寿の妙薬として世界的ブームに。
・アインシュタイン〈一般相対性理論〉発表。
・ヒトラー率いるナチスの台頭。
・〝原爆の母〟リーゼ・マイトナーとオットー・ハーン共同研究による〈核分裂〉の発見。
・アメリカで「マンハッタンプロジェクト」始動
・広島と長崎に原子爆弾投下

―― “希望の光”はいかにして兵器となり、歴史的悲劇をもたらしたのか。


巻末には放射能をとりまく歴史が一目でわかる年表と地図、ブックリストも収録。
1898年、マリ・キュリーによって名付けられた〈放射能〉と、今日直面するエネルギー問題のつながりを、2011年生まれの光少年と猫のエルヴィンが案内します。


◆第一話試し読み!◆
マンガ「光の子ども」特設サイト
http://www.littlemore.co.jp/hikarinokodomo/


[著者プロフィール]
小林エリカ(こばやし・えりか)
1978年生まれ。作家・マンガ家。東京在住。
著書、小説「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)にて芥川・三島賞候補に。
アンネ・フランクと実父の日記をめぐるノンフィクション『親愛なるキティーたちへ』(小社)、作品集『忘れられないの』(青土社)他。その他の活動としては〈Project UNDARK〉としてアルバム『Radium Girls 2011』、〈kvina〉としてポストカードブック『Mi amasTOHOKU 東北が好き』(小社)など。


著者:小林エリカ
デザイン:五十嵐哲夫

定価:本体価格1600円+税
ISBN 978-4-89815-432-8

2016年発行
仕様[A5判/208ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898154328
  • 定価 (税込) 1,728 円
  • 数量
カートに入れる
関連商品
『光の子ども1』 小林エリカ

『光の子ども1』 小林エリカ

定価(税込) 1,512 円

小林エリカ渾身の新作コミック、テーマは“放射能” ―― それはいつ、どこから、どうやって、ここに来たのか?
2011年の日本に生まれた主人公“光”と、猫の“エルヴィン”を通じて、“放射能”の歴史がひもとかれていく。
史実とフィクションを交えた物語。センシティブかつ強烈な意欲作。 

詳細
『親愛なるキティーたちへ』 小林エリカ

『親愛なるキティーたちへ』 小林エリカ

定価(税込) 1,728 円

ひとりひとりが、その人生の選択の余地を、握っている。
ユダヤ人の少女、アンネ・フランク13歳。私の父、小林司16歳。戦争という同時代を生きた二人の日記に導かれ、ドイツ、ポーランド、オランダへ。
死から生へと向かう、命の感触をもとめた17日間の旅。 

詳細
『Mi amas TOHOKU 東北が好き』 kvina 〈LPB012〉

『Mi amas TOHOKU 東北が好き』 kvina 〈LPB012〉

定価(税込) 1,080 円

《東北を訪ねたい。東北で、出会いたい》
小林エリカ、田部井美奈、野川かさね、前田ひさえによるクリエイティブユニットkvina(クビーナ)が、東北で出会った人、もの、ひとつひとつの想いを、伝えます。
「ミ アーマス トウホク」は、かつて岩手で暮した宮沢賢治も学んだエスペラント語で「東北が好き」を意味する言葉です。 

詳細