『新世界ピクニック』 開発好明

詳細
『新世界ピクニック』 開発好明

- - -
開発好明は、現代社会に生まれた奇跡のような人だと思う。
そのひとり民主主義ともいえる美術活動が、もう少しこの機会に、カサカサした無機質の世界に撒かれ育つのを見たいと思う。
―― 北川フラム(アートディレクター、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」 「瀬戸内国際芸術祭」 総合ディレクター)
本書寄稿「花咲かおじさんのたたかい」より一部抜粋
- - -
「奇矯なオッサン」と、一言で片付けることができるかもしれない。
でも、そう笑い飛ばした後で、胸の奥がムズムズする。あるいはムカムカする。
アートは、こうして、僕たちになんとも言えない違和感を与えて、モノの見方に新しい角度を加えるのだ。
―― 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
オビコメントより
- - -

海外からも注目を浴びる、震災を経た今の日本のアート。
ラディカルで、ぬくもりある作品を創りだす、開発好明の活動を厳選して収録。

観客参加型の美術作品を中心に制作し、2004年「ヴェネチア・ビエンナーレ」への出品や、「越後妻有 大地の芸術祭」への出品など、国内外で活動を続けるアーティスト 開発好明。
その作品は、社会の状況、問題に触発されたテーマでありながら、どこかユーモアとぬくもりを感じさせます。
2011年8月から4年間で150日を巡り、東日本大震災の被災地域へ、アートによる心のつながりを運んだプロジェクト〈デイリリーアートサーカス〉、福島第一原発から20キロ地点に建てられた〈政治家の家〉、モグラの着ぐるみで地下から番組を配信する〈モグラTV〉など、20年近い活動の中から近年の作品を中心にまとめられた、待望の作品集!

収録作品
- - -
新世界ピクニック / 3.11/3.15 / デイリリーアートサーカス
政治家の家 / 愛銀行 / 今プラカード 「今プラ」 / モグラTV
- - -

■大規模個展開催!■
「開発好明:中2病展」
会期:2016年7月16日(土)- 9月19日(月祝)
会場:千葉・市原湖畔美術館
→ http://lsm-ichihara.jp/


〈開発好明 (かいはつ・よしあき)プロフィール〉
アーティスト。1966年山梨県生まれ。
多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了、多摩美術大学非常勤講師。
1995年~96年にかけて365日の展覧会「365 大作戦」を全国で行い、その模様をNHK BS「真夜中の王国」の「開発くんがゆく」で放映。
2002年 PS1 MOMA「Dia del Mar/By the Sea」。
2004年 ヴエネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館「おたく:人格=空間=都市」。
2006年 ドイツ、ニューナショナルギャラリー「ベルリン- 東京、東京ベルリン」参加。
同年 「越後妻有 大地の芸術祭2006」出品。
2008年 イギリスのリバプール「JumpShip Rat“POP-UP”」出品。
2012年 中国広東省の現代美術館53美術館で日中交流の企画展。
2016年 市原湖畔美術館「開発好明:中2病 展」。
東日本大震災の被災地におけるプロジェクトを、ライフワークとして継続中。


著者:開発好明

ブックデザイン:佐々木俊

定価:本体価格2000円+税
ISBN 978-4-89815-444-1

2016年発行
仕様[210mm×180mm/106ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898154441
  • 定価 (税込) 2,160 円
  • 数量
カートに入れる