『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』 鈴木伸子 写真・白川青史

詳細
『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』 鈴木伸子 写真・白川青史

昭和のビルよ、永遠に――。

1964年東京オリンピック前後、高度経済成長期に建設された、昭和の香りただようビル。
建設から半世紀を経て、建築として円熟味の増したシブい味わいが、たまらなくカッコイイ!

ビルの外観はもちろん、「近未来の宇宙ステーション」を彷彿とさせるエレベーターホール、手すりのデザインも美しい螺旋階段、堂々とした佇まいの総大理石の壁面、空間を埋めるモザイクタイル壁画、円みを帯びた窓やアールがかった天井の形状、ビル最上階の回転ラウンジや老舗喫茶店などビル内の施設……
デザインや建材のひとつひとつが時代を映し、美しく輝いている。

2020年東京オリンピックを目前に、急ピッチで再開発の進む都心において、いま見ておくべき貴重なビルに憩い、ときめき、愉しむための一冊。

--
東京交通会館/有楽町ビル・新有楽町ビル
新橋駅前ビル/ニュー新橋ビル
日本橋髙島屋 増築部分/中野ブロードウェイ
ソニービル/紀伊國屋ビル
ホテルニューオータニ/ロサ会館
サンスクエア/ホテルオークラ東京 別館
パレスサイドビル/三会堂ビル
目黒区総合庁舎/柳屋ビルディング
コマツビル/新東京ビル・国際ビル
……これぞシブいビル!厳選の20棟を徹底ガイド!!
--

・オールカラー128ページに約200点の図版を収録
・巻末には1954年から1973年の東京の風景や暮らしを知る年表も収録


〈鈴木伸子(すずき・のぶこ)プロフィール〉
1964年東京生まれ。東京女子大学卒業後、都市出版「東京人」編集室に勤務。1997年より副編集長。2010年退社。現在は、都市、建築、鉄道、町歩き、食べ歩きなどをテーマに、執筆・編集活動を行う。
著書に『グッとくる鉄道 見て 乗って 感じる、胸騒ぎポイントガイド』(小社)、『地下鉄で「昭和」の街をゆく大人の東京散歩』(河出文庫)、『わたしの東京風景』(港の人)、共著に『ひょうたんブック』(平凡社)などがある。


著者:鈴木伸子
写真:白川青史

デザイン:大島依提亜

定価:本体価格1700円+税
ISBN 978-4-89815-445-8

2016年発行
仕様[A5変/128ページ/オールカラー/並製]

  • 商品コード: 9784898154458
  • 定価 (税込) 1,836 円
  • 数量
カートに入れる