『パリ・スタイル 大人のパリガイド』 村上香住子

詳細
『パリ・スタイル 大人のパリガイド』 村上香住子

本物の、でもさりげなくて、居心地いい、楽しいパリが満載!

20年間ファッション誌のパリ特派員として、翻訳家として現地からパリの最新情報を日本に紹介してきた著者による、きわめつけのパリガイド。

- - -

長年のパリ生活で得た豊富な知識と審美眼で、選び抜かれたとっておきの場所、空間を紹介。

スタイル …… 39 件
モード・ボーテ …… 50 件
ホテル …… 11 件
フード …… 101 件
アート・カルチャー …… 50 件
建築 …… 10 件
小さな旅 …… 25 件

《全286アドレス/地図付き》

--
「ユヌ・タルティーヌ・サンジェルマン、SVP(シル・ヴー・プレ)!」
パリに到着すると、まずグルネル通りの角にある、広場に面した「クロワ・ルージュ(赤十字の意味)」にいき、ポワラーヌのパンを使ったローストビーフ・サンドイッチを頬張らないと気が済まない。
それは私なりの〝ボンジュール、パリ〟のルーティンといえるもの。
── Ⅳ フード 「カフェ・ソサエティーがパリの魅力」 より
--

巻末には、ジェーン・バーキン(女優、歌手)、カロリーヌ・ドゥ・メグレ(「シャネル」アンバサダー)、アンドレ・サライヴァ(グラフィック・アーティスト、パリのトレンド・セッター)ら、パリジェンヌ・パリジャン秘密の、お気に入りの場所を紹介。本邦初公開!

- - -

人々の息吹や、街の空気、時間を伝える文章は、情報の紹介にとどまらず、それぞれ一篇のエッセイのようで、読むだけでパリを旅しているような気分を味わえます。
実用性を備えながら、読書欲も満たす大人のパリガイド!


〈村上香住子(むらかみ・かすみこ)プロフィール〉
20歳で渡仏。サイゴンにも暮らす。1974年よりフランス文学の翻訳をはじめる。
主な訳書に、ボリス・ヴィアン『ぼくはくたばりたくない』、アンリ・トロワイヤ『ドストエフスキー伝』『チューホフ伝』、ヤン・アンドレア『デュラス、あなたは僕を(本当に)愛していたのですか。』など。
1985年に再び渡仏し、20年間パリに滞在、マガジンハウスやフィガロジャポンのパリ支局長として活躍。
帰国後、『パリ猫銀次、東京へ行く』『巴里ノート―「今」のパリをみつめつづけて』『そしてそれから』など刊行。
現在「フィガロ ジャポン」誌にて「猫ごころ パリごころ」連載中。
南三陸の仮設住宅に住む女性たちを支援する「アマ・プロジェクト」を立ち上げ、ジェーン・バーキンなどフランスの友人たちの協力を得て活動している。
http://www.amaproject.jp/


著者:村上香住子

写真:在本彌生
カバー絵:アンドレ・サライヴァ
デザイン:有山達也、山本祐衣(アリヤマデザインストア)

定価:本体価格2000円+税
ISBN 978-4-89815-446-5

2016年発行
仕様[A5変/192ページ/オールカラー/並製]

  • 商品コード: 9784898154465
  • 定価 (税込) 2,160 円
  • 数量
カートに入れる