『みらいをひらく、わたしの日用品』 川島蓉子

詳細
『みらいをひらく、わたしの日用品』 川島蓉子

日本のもの作りの粋がつまった
暮らしがチャーミングになる
とっておきの品々

会話がはずむ、食卓がはなやぐ、心がおどる、元気に「行ってきます。」

- - -
『資生堂ブランド』『老舗の流儀 虎屋とエルメス』など数々の著書で、ビジネスの最前線と、もの作りの現場の取材を続ける川島蓉子。今とこれからを見つめる著者がセレクトした、未来へ繋がる日用品案内。

家の中や外、生活の傍らにありながら、一日の始まりに、終わりに、くつろぎのひと時に、使うことで自分を元気づけ、日常に楽しさと喜びを感じさせてくれる、素敵な日用品の数々。

本書では、商品の特長や、取材を通して語られた作り手の思いを、美しい写真とともに、使い手である私たちに届けます。
- - -

NTTドコモ「美BEAUTE」web大人気連載「川島屋百貨店」、待望の書籍化。

[目次より]
・わくわくシェアする羊羹
・極薄に仕立てる
・ヴィンテージボタンを使った指輪
・「藍」で描いたこけし
・知恵と技の真っ白な結晶
・愛らしい表情の縁起もの
・ふんわりしたお肉の甘み
・色柄美しい磁器の重箱
・夏の風習がモダンに甦る
・別世界が風に揺れる
・季節を予感する器
・ヤクの湯たんぽ
・古いスカーフのパッチワーク
・新潟産のオーダーメイド
・紙でできたアクセサリー
・自家製あんこがおいしい朝食
・日本の暮らしに合うグラス
・厳選されたお米のギフト
・夜明けのマグカップ
・脚ファッションの豊かさ
・季節を映し出すモダンな和菓子
・手紙で気持ちを伝える
・とびきりの使い勝手の良さ
・頭皮ケアできる優れもの
・表情を変える神秘的なオブジェ
・紙でできた収納ケース
・ソックスから生まれた手袋
・伝統+モダンの美しさ
・手をかけて作り込まれたハンカチ


[著者プロフィール]
川島蓉子(かわしま ようこ)
伊藤忠ファッションシステム株式会社取締役。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。 多摩美術大学非常勤講師。日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。
著書に『伊勢丹な人々』『資生堂ブランド』『ビームス戦略』『社長、そのデザインでは売れません!』『TSUTAYAの謎』『老舗の流儀 虎屋とエルメス』など多数。
1年365日、毎朝、午前3時起床で原稿を書く暮らしを20年来続けている。


著者:川島蓉子

写真:関めぐみ
カバーコラージュ:堀井和子
アートディレクション&デザイン:若山嘉代子

定価:本体価格1500円+税
ISBN 978-4-89815-455-7

2017年発行
仕様[四六判/152ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898154557
  • 定価 (税込) 1,620 円
  • 数量
カートに入れる