『花』 井上有一

詳細
『花』 井上有一

花を忘れて、花の姿を求めて。
執拗に書き続けた、革新の軌跡を一冊に。

- - -

ブラジル、ドイツ、アメリカ、スイス、中国、韓国、UAE……
没後も展覧会が世界各地で続き、ファンを増やし続ける伝説の書家・井上有一。
大胆な筆致で生み出された書の数々は、現代美術としても評価が高い。

2016年、金沢21世紀美術館での大回顧展「生誕百年記念 井上有一」が大盛況のうちに終了。
2017年3月にはドキュメンタリー番組「東京大空襲が生んだ悲劇の傑作“噫横川国民学校”」(NHK BSプレミアム)が放送され反響を呼ぶなど、近年さらに再評価の波が高まっている。

本書には井上有一が400点にわたりのこした代表的モチーフ「花」から、厳選した約100点を掲載。
「花」の作品集はかつても刊行されたが、在庫切れになり久しい。
まさにファン待望かつ未見者を確実に魅了する新生版、ついに発売!


[著者プロフィール]
井上有一
書家。1916年東京生まれ。小中学校教諭として働く傍らで書における自由な表現を追求し、サンパウロ・ビエンナーレほか数々の美術展に出品、国際的に高い評価を得る。1985年没。没後、京都国立近代美術館をはじめ、全国公立美術館巡回回顧展が開催。書の母国である中国の美術館が相次いで大個展を開催するなど、今も前例のない人気を誇る。


著者:井上有一

アートディレクション・デザイン:井上嗣也
デザイン:稲垣純(Beans)


定価:本体価格4800円+税
ISBN 978-4-89815-468-7

2017年発行
仕様[A4変/144ページ/上製]

  • 商品コード: 9784898154687
  • 定価 (税込) 5,184 円
  • 数量
カートに入れる