ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

『ラブという薬』 いとうせいこう・星野概念

詳細
『ラブという薬』 いとうせいこう・星野概念

患者=いとうせいこう + 主治医=星野概念(精神科医)による、対話のカタチをした薬。


本書は、いとうせいこうさんが普段から患者として通う、精神科の主治医・星野概念さんとの診療の模様を伝えたい、そんな思いから始まった対談集です。
いとうさんの悩みはもちろん、精神医療の基礎、診療のシステム、そして星野さんの悩み、さらにはネットにおけるスピード感への危惧、ふたりが抱える社会への不安へ話は進みます。

〈目次〉
●1. 怪我なら外科、つらい気持ちなら精神科。行ってみよう。
その1 診察室の話をみんなに伝えたかった
その2 精神科には行きづらい、なんて思わないでほしい
その3 話を聞く、聞いてもらう、ってどういうことだろう?
その4 わたしたちは、なんでこんなことにハマり、さいなまれるんだろう?
●2. 精神科にはどんな医師がいて、どんなことをしてくれるんだろう?
その1 治療、医師、症状のエトセトラ
その2 星野さんはなんでお医者さんになったんだろう?
その3 精神科にはプロがいる。安心して大丈夫
その4 「物忘れがひどい」すら親身に診察する。精神科医のできること
●3. みんなも辛くないのかな?
その1 地味で素朴な救い、ラブ
その2 映画、小説、お笑いが社会にもたらすもの
その3 ゆっくりいこう、小さく話そう
その4 二人きりでお茶をするように

===
星野 ―― いとうさんの悩みを掘り下げるのを公開することで、何かの参考になったり、ホッしたりする人が少なからずいると思うんです。(中略)これはいとうさんが思ってるより、すごいことですよ。

いとう ―― よしわかった、自信持つわ、俺(笑)。

星野 ―― 「あっ、いとうせいこうもカウンセリング通ってるんだ!」って思う人、絶対いると思うんですよ。それがとても大事で。

いとう ―― 「そういうの、当たり前なんだ!」 みたいなね。
(本文より)
===


もう我慢を大切にするのはやめよう。
怪我をしたら外科へ行くような単純さで、つらいなら精神科へ行こう。


[著者プロフィール]
・いとうせいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。
『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。
『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。
他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

・星野概念 (ほしの がいねん)
精神科医・ミュージシャンなど。主な連載に、「めし場の処方箋」(Yahoo!ライフマガジン)、「本の診察室」(雑誌「BRUTUS」)など。
音楽活動は、コーラスグループ星野概念実験室、ユニットJOYZ、タマ伸也氏(ポカスカジャン)とのユニット「肯定s」の他、□□□のサポートギターなども。


著者:いとうせいこう 星野概念

構成:トミヤマユキコ
ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)
カバーイラスト:オオクボリュウ

定価:本体価格1500円+税
ISBN 978-4-89815-473-1

2018年発行
仕様[四六判/248ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898154731
  • 定価 (税込) 1,620 円
  • 数量
カートに入れる