ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

【購入特典あり!】 『衣・食・住・音 音楽仕事を続けて生きるには』 角張渉/聞き手=木村俊介

詳細
【購入特典あり!】 『衣・食・住・音 音楽仕事を続けて生きるには』 角張渉/聞き手=木村俊介

【購入特典あり!】カバーイラストのステッカーをプレゼント!
当Webサイトからご購入いただいたお客様には、本書カバーイラストのステッカーを、一冊のお買い上げにつき1枚プレゼントいたします!
* 購入特典は数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお買い求めください。



インディペンデント音楽レーベル・カクバリズム代表、角張渉。
汗と涙、そして音楽にあふれた15年間を語り下ろした初の著書がついに発売!

YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、キセル、
二階堂和美、イルリメ、MU-STARS、cero、
(((さらうんど)))、片想い、VIDEOTAPEMUSIC、
スカート、思い出野郎Aチーム、在日ファンク、
mei ehara……

個性豊かなアーティストたちが所属し、“カクバリズムっぽさ”は形容詞としても用いられるほど、音楽シーンで圧倒的な存在感を示すインディペンデントレーベル、カクバリズム。

大好きなバンドの音楽を世に送り出したい。
22歳の青年が、レーベルを立ち上げたのは2002年のことだった。
たった一人ではじめたレーベル運営が、いつしか自分の「仕事」となっていく――
決して平坦でない、凸凹レーベル道を突き進んできた角張渉が語る、音楽を生み出すことの喜び、続けていくことの苦しさ。
「厳しい」時代が続いていると言われる日本の音楽業界において、カクバリズムが唯一無二のレーベルと評される理由はどこにあるのか。

この時代、まっとう過ぎる仕事論がここにある。

音楽を愛するすべての人に。


〈目次〉
--
はじめに

1 音楽で飯を食うなんて
中心は、ど真ん中とは限らない / 続けることは、いいことなのか? / 上京して、西荻窪のライブハウスで働きはじめた / ミュージシャンとしては音楽を続けられなかった / 学生ローンで借金、レーベル「スティフィン・レコーズ」をはじめる / 大学卒業、時給750円のレコ屋でフリーター生活 / サイトウ・ジュンくんへの憧れが、カクバリズムを生んだ / YOUR SONG IS GOODの音源をスティフィンからは出さなかった理由 / 音楽の世界の「ヨコの人間関係」を感じさせてもらう / レックもフライヤーも、何もかも手作り感が満載だった / レコ屋に対しては、初期のアナログ盤が効果的だった / マネジメントもしっかりやるレーベル、が運営方針に / バンドの魅力を伝えるために / 音楽で食うなんてダセぇよなと思っていた / お金をもらうことで、胡散臭くなりたくはなかった

2 音楽家を支える苦と楽
YOUR SONG IS GOODの大躍進がはじまった / とにかく、かっこいい音楽のために / メジャーのシーンは特に気にしていなかった / バイトの休憩時間に、レーベルの打ち合わせ / YOUR SONG IS GOODと一緒だから、音楽で食おうと思えた / キウイロールの解散、スティフィン・レコーズを終わらせる / アルバム『YOUR SONG IS GOOD』が状況を切り拓く / フジロック出演、メジャーデビュー、順風満帆なはずだった / もう、YOUR SONG IS GOODはメジャーアーティストなんだよなぁ…… / バンドの停滞に対応しにくいマネジメントをしていた / ヴァイブスの調整が足りなかった / 失ってはじめて「守りたいもの」がわかった / 音楽を続けることが大変な時代 / 仲間の外にも通用する面白さを求めて / 憧れの影響から脱するには

3 音楽仕事を続けて生きるには
音楽家にとっての「夜の時代」にやるべきこと / いい音楽を作れば、飯は食えるのだろうか / 東日本大震災を機に、音楽の核心を考えた / リリースとリリースの間にやることがすべて / もっともっと、いい曲を聴かせてほしくなってきている / 「面白さ」=「ここではないどこか」 / 「こいつらは違うものを持っているんだな」がないと、勝負ができない / レーベル代表だからこそ、締め切りを変えられる / もっと、音楽を信じればいいのに / ライブの規模をどう進化させていくのか / 面白くなるのは「面倒臭いもの」 / SAKEROCKのすごさは、スケジュールにあった / 勝負のアルバムに、貯金の三分の二を賭けた / キセルの復活は、ものすごく嬉しかった / リリースとリリースの間が予想以上に空いてしまう

4 インディでやっていく
良くも悪くも、人に頼らずにやってきた / 知らなかったからこそ、一人でレーベルを設立できたところもある / フィジカルを鍛えることで、人気を確定させていく / ceroは期待され、認められ、応援されるようになっていった / 改めて、インディペンデントレーベルとして / 基準はやっぱり「ダっせぇことはしたくねぇ」 / 星野源くんの移籍、SAKEROCKの解散をきっかけに考えたこと / SAKEROCKの最後のアルバムが出来上がった / 解散ライブの前後に考えていたことは / 気持ちは、整理できないままでもいいのかもしれない / ceroの新境地にさらに必要だったもの / 音源のリリースは「コンセプト」を渡していくことでもある

おわりに

マンガ 角張渉の衣・食・住・音 本秀康
角張渉とカクバリズムの歩み
カクバリズムのアーティストたち
カクバリズムのディスコグラフィ
--


[著者プロフィール]
・角張渉(かくばり わたる)
1978年、宮城県仙台市生まれ。2002年3月に、レーベル・マネージメント会社・カクバリズムを設立し、第1弾作品としてYOUR SONG IS GOODの7インチアナログシングル『Big Stomach, Big Mouth』をリリースする。
以降、SAKEROCKやキセル、二階堂和美、MU-STARS、cero、VIDEOTAPEMUSIC、片想い、スカート、思い出野郎Aチーム、在日ファンク、mei eharaなど、エッジの利いたアーティストを続々と輩出。
「衣食住音」をキャッチコピーに、多角的な展開を見せている。
2017年、15周年を迎え全国5ヶ所7公演の記念ツアー「カクバリズム15Years Anniversary Special」を開催。

・木村俊介(きむら しゅんすけ)
1977年、東京都生まれ。インタビュアー。著書に『インタビュー』『善き書店員』(ミシマ社)、『漫画編集者』(フィルムアート社)、『料理狂』(幻冬舎文庫)、『漫画の仕事』(幻冬舎コミックス)、『仕事の話』(文藝春秋)、『変人 埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、『物語論』(講談社現代新書)、『「調べる」論』(NHK出版新書)、『仕事の小さな幸福』(日本経済新聞出版社)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『デザインの仕事』(寄藤文平/講談社)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)、『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『ピーコ伝』(ピーコ/文春文庫PLUS)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)などがある。


● 黄色いあのチラシをお持ちの方へ ●
2012年秋に開催された「カクバリズム10周年記念イベント」の会場で配布された、本書発売を予告した黄色いチラシをお持ちの方には応募特典がございます。詳しくは以下より応募詳細をご覧ください。
→ 応募詳細へ(PDFが開きます)



著者:角張渉

聞き手:木村俊介


装丁:大原大次郎
装画:吉澤成友
マンガ:本秀康


定価:本体価格2000円+税
ISBN:978-4-89815-479-3

2018年発行
仕様[四六判/並製/400ページ]

  • 商品コード: 9784898154793
  • 定価 (税込) 2,160 円
  • 数量
カートに入れる