2021.05.24

『きらめく拍手の音 手で話す人々とともに生きる』著者のイギル・ボラさん、トークイベントが開催されます。

 
『きらめく拍手の音 手で話す人々とともに生きる』の刊行を記念して、本書の著者で映画監督・作家のイギル・ボラさんとノンフィクション作家の川内有緒さんによるトークイベントが開催されます!
 
- - -
 
『きらめく拍手の音 手で話す人々とともに生きる』刊行記念
イギル・ボラ × 川内有緒
「すぐそこにある、豊かな世界を伝えたい」
 
出演:イギル・ボラ 川内有緒
 
日時:2021年6月2日(水)20:00 – 22:00 (19:30 オンライン開場)
 
料金:
・配信参加= 1,500円(税別)
・サイン入り書籍つき= 配信参加 1,500円+『きらめく拍手の音 手で話す人々とともに生きる』1,800円(いずれも税別)
 

韓国出身の映画監督・作家のイギル・ボラさんと、ノンフィクション作家の川内有緒さんによるトークイベントを開催します。
 
昨年11月に刊行となった『きらめく拍手の音 手で話す人々とともに生きる』は、イギル・ボラさんによるエッセイです。
音の聞こえないろう者の両親のもとに生まれ育ったボラさんは、幼い頃から手語と口語の両方を話し、両親の「通訳」として付き添う日々を過ごしました。
21歳の時、自分が「CODA(Children of Deaf Adults)」と呼ばれる存在だと知ってから、自分自身と家族の話を伝えるため、この本とドキュメンタリー映画『きらめく拍手の音』を作りました。
 
川内有緒さんは、あらゆる場所での生活、旅をしながら数々の著作を発表するなか、今年2月には、監督を務めたドキュメンタリー映画『白い鳥』をTheatre for Allにて公開し、現在も配信中。
全盲で、20年以上も美術鑑賞を続ける白鳥建二さんとともに過ごし、対話を重ね、その活動や見えない日常とはどんなものかを、鮮明に描きだした作品です。
白鳥さんが「なぜアートに惹かれるのか?」「『会話』だけで何を、どこまで伝えられるのか?」に迫っています。
 
音の聞こえない人と聞こえる人、目の見えない人と見える人が会話をしながら、ともに生きる。それはどんなことなのだろう?
それぞれのストーリーを撮り、書き、伝えてきたお二人が体験したこと、作品を制作し、発表することを経て、いま感じていることなどを語り合います。
 
*「アンケートフォーム」には、イギル・ボラさん、川内有緒さんへの質問・メッセージを書いていただく欄もございます。ぜひお書き添えをお願いします!
*本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。詳細につきましては以下をご確認ください。

 
参加方法:
チケット予約サイト「Peatix」よりオンライン予約(本屋B&BのWebサイト内に予約ページへのリンクがございます)
※お電話での予約は承っておりません。
 
イベントの詳細は本屋B&BのWebサイトよりご覧ください。
http://bookandbeer.com/event/bb210602a_coda/
 
 
[出演者プロフィール]
●イギル・ボラ
1990年、韓国生まれ。映画監督、作家。ろう者である両親のもとで生まれ育ったCODA(Children of Deaf Adults)であり、ストーリー・テラーとして活動する。17歳で高校を中退し、東南アジアを旅した後、韓国芸術総合学校でドキュメンタリー制作を学ぶ。ほかの著書に『道は学校だ』『私たちはコーダです』(いずれも未邦訳)など。
ドキュメンタリー映画監督作に『きらめく拍手の音』、『記憶の戦争―Untold』ほか。『きらめく拍手の音』は韓国で多数の映画賞を受賞。日本では山形国際ドキュメンタリー映画祭にて「アジア千波万波部門」特別賞を受賞し、2017年の公開以降、全国各地で上映され続けている。
 
●川内有緒(かわうち・ありお)
東京都出身。日本大学芸術学部卒、アメリカ・ジョージタウン大学にて修士号を取得。コンサルティング会社やシンクタンクに勤務し、中南米社会の研究にいそしむ。
その合間に南米やアジアの少数民族や辺境の地を訪ねた旅の記録を、雑誌や機内誌に発表。
2004年からフランス・パリの国連機関に5年半勤務したあと、フリーランスに。現在は東京を拠点に面白い人やモノを探して旅を続ける。
書籍、コラムやルポを書くかたわら、アートや音楽イベントの企画にも関わり、自身でもギャラリー「山小屋」を運営。
『バウルを探して~地球の片隅に伝わる秘密の歌~』(幻冬舎)で、第33回新田次郎文学賞を受賞。『空をゆく巨人』(集英社)で第16回開高健ノンフィクション賞を受賞。著書に『パリでメシを食う。』(幻冬舎文庫)ほか。また初監督作品となる映画『白い鳥』がTheatre for Allにて公開中。
*今年9月に、白鳥建二さんとの鑑賞体験をまとめた書籍を発売予定。
 
 
【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・配信はリアルタイム配信でご覧になれますが、開催後一週間はアーカイブとしてもご覧になれます。アーカイブ視聴のURLは準備が出来次第お知らせいたします。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。
・チケットを購入された方は、イベント後アーカイブ動画を一週間視聴可能です。
 
【書籍付きチケットのご案内】
・書籍を、イベントの配信チケットとセットで販売いたします。
・書籍はイベント後の発送となります。
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用しません。
・書籍は、B&Bからの発送となります。
 
【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください。
 
- - -
 
イギル・ボラ 著/矢澤浩子 訳『きらめく拍手の音 手で話す人々とともに生きる』について、詳しくはコチラよりご覧ください。
 
PREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store