2021.11.25

イ・ランさん、Moment Joonさんとのオンライントークイベントが開催されます。

 
大好評発売中の『話し足りなかった日』(イ・ラン 著/オ・ヨンア 訳)の刊行を記念したオンライントークイベントが開催されます!
 
- - -
 
Moment Joon × イ・ラン 初対談
真に多様で互いを尊重した社会を築き、共生していくために
 
出演:Moment Joon イ・ラン
 
日時:2021年12月15日(水)20:00 – 21:30
*本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。詳細につきましては銀座 蔦屋書店のWebサイトをご確認ください。
 
料金:
・配信参加 1,500円(税込)
 
・書籍つき配信参加
(1)『日本移民日記』込みイベント参加チケット 3,500円
(2)『話し足りなかった日』込みイベント参加チケット3,500円
(3)『日本移民日記』+『話し足りなかった日』込みイベント参加チケット5,450円
*(1)~(3)はすべて書籍代+イベント参加代+送料の価格、税込です。
 
*書籍は事前ご配送となります。12月12日(日)以降、順次発送いたします。
*お申込み状況によりイベント当日までにお届けできない場合がございます。
*各書籍付きイベント参加券のお申込みは、12月11日(土)23:55までとなります。
*イベント参加券のお申込みは、イベント当日の12月15日(水)12:00までとなります。
 
参加方法:チケット予約サイト「Peatix」よりオンライン予約(銀座 蔦屋書店のWebサイト内に予約ページへのリンクがございます)
*お電話・店頭での予約は承っておりません。
 
イベントの詳細は銀座 蔦屋書店のWebサイトよりご覧ください。
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/23450-1101511117.html
 
〈注意事項〉
銀座 蔦屋書店主催のオンライン配信イベントは、Zoomのウェビナー機能を使ってライブ配信をいたします。
(Zoom配信テストを30分前から開始いたします。接続方法などの不安のある方はお早めにアクセスください)
ご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
イベントはPC、スマホ、タブレットからご視聴可能ですが、事前にZoomのアプリを予めダウンロードしていただく必要がございます。お手数ですが、以下よりイベント前にダウンロードをお願いいたします。
https://zoom.us/download#client_4meeting
 

初の著書『日本移民日記』を刊行した韓国出身の“移民者”ラッパー Moment Joonと、新作エッセイ『話し足りなかった日』を刊行した韓国・ソウル生まれのシンガー・ソングライター イ・ランによる、初の対談をオンラインで開催します。
 
韓国出身、大阪在住の「移民」ラッパーとして、ヒップホップのみならず、近年は文筆にまで活動の幅を広げるMoment Joon。待望にして初の著作となる新刊『日本移民日記』では、日本で生きる10年の経験をもとに、「自分であることを誇る」ための思索や心情を、葛藤を交えながら率直に書き記しました。
イ・ランは、日本と韓国を行き来しながら、音楽、小説、コミック、映像など多分野で話題作を発表しつづけるアーティスト。今年10月には、アーティストの労働とお金、フェミニズム、友との別れ、コロナ禍の挑戦など、日々の出来事と心の動きを丁寧に書きつづった著書『話し足りなかった日』を発売。
二人の著書の刊行を記念し、大阪とソウルをつないだオンライントークイベントを開催します。
 
『日本移民日記』と『話し足りなかった日』は、書かれている内容や、活動している分野は違っていても、真摯で率直な言葉でつづられており、どこか似通っています。それは鋭い思索と観察眼で切り取られ、浮かび上がってくるものが、畢竟、私たちが生きている時代そのものであるからかもしれません。
 
今回のオンライントークイベントでは、例えば「歌詞(韓国語/日本語)」「労働/創作」「国籍」「フェミニズム」など、それぞれの著作に出てくるキーワードを起点に、お二人の対話をうかがいたいと思います。そこで見えてくる日本の光景からは、これから私たちがどんな社会を築き、どのように共生していくかを考えるヒントが生まれるかもしれません。
時代を映す冴えた表現をつくりつづけるアーティスト二人による、初の対談です。どうぞお楽しみに。

 
■出演者プロフィール
・MOMENT JOON (モーメント・ジューン)
ラッパー。ソウル特別市出身、大阪府池田市井口堂在住。
移民である自身の経験に根ざした唯一無二の表現を追求し、2020年のファーストアルバム『Passport & Garcon』では、日本社会における排外主義の興隆や差別意識の蔓延、同調圧力、シニシズムといったものを怒りや不安とともに突きつけ、その上で「君が居るから日本は美しい」と歌って大きな反響を呼んだ。執筆の分野でも『文藝』(河出書房新社)に自身の徴兵体験をもとにした小説「三代 兵役、逃亡、夢」を発表するなど、多方面に活躍している。
 
・이랑 Lang Lee (イ・ラン)
1986年韓国ソウル生まれ。
ミュージシャン、エッセイスト、作家、イラストレーター、映像作家。16歳で高校中退、家出、独立後、イラストレーター、漫画家として仕事を始める。その後、韓国芸術総合学校で映画の演出を専攻。日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、歌手デビュー。音楽アルバムに『ヨンヨンスン』『神様ごっこ』『オオカミが現れた』(国内盤はスウィート・ドリームス・プレスより)。著書に『悲しくてかっこいい人』(呉永雅 訳)、『私が30代になった』(中村友紀/廣川毅 訳)、『アヒル命名会議』(斎藤真理子 訳)など。
 
- - -
 
リトルモアにて刊行しているイ・ランさんの著作については以下よりご覧ください。
『話し足りなかった日』(イ・ラン 著/オ・ヨンア 訳)
『悲しくてかっこいい人』(イ・ラン 著/呉永雅 訳)
 
NEXTPREV

Index

  • books
  • 20 Postcards
  • mayonaka
  • snoozer
  • movies
store