ただいまシステム上の都合によりクレジットカード決済が利用できなくなっております。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
なお代金引換については通常通りご利用いただけますので、当面の間、代金引換でのご利用をお願いいたします。

『お父さん、まだだいじょうぶ?日記』 加瀬健太郎

詳細
『お父さん、まだだいじょうぶ?日記』 加瀬健太郎

お父さんはカメラマン。

= = =

ヨシタケシンスケさん推薦!

「家族が、人生が、希望が、焦りが、喜びが、一口サイズで、ボリューミー。
サイコロステーキみたいな本だな、と思いました。」(帯コメントより)

= = =

おかしくてたまらなく愛くるしい子どもたちの写真と、クセになる文章。
前作『お父さん、だいじょうぶ?日記』で共感と失笑と微笑の嵐を呼んだ“あの父”が帰ってきた!

- - -
2度目の緊急事態宣言。
「家で子どもとだけ話してたら、なんかオモロない人間になりそうやわ」
と妻に言うと、
「もともとそんなオモロないで」と言われる。
(ある日の日記)
- - -

不安も笑いもますます快調!
東京新聞での育児エッセイ連載「お父ちゃんやってます!」も大好評の加瀬健太郎がおくる、家族のユカイな写真日記、第2弾。

大笑いして、じんわり泣ける。
気づけば心も軽くなる、魔法のような子育てエッセイ。


[著者プロフィール]
加瀬健太郎(かせ けんたろう)
写真家。1974年大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、イギリスに留学。
London College of Communicationで学ぶ。
著書に『スンギ少年のダイエット日記』『お父さん、だいじょうぶ?日記』(リトルモア)、『イギリス:元気にジャンプ!ブルーベル(世界のともだち)』(偕成社)、『撮らなくてもよかったのに写真』(テルメブックス)、絵本『ぐうたらとけちとぷー』(絵・横山寛多/偕成社)がある。


著者:加瀬健太郎

装幀:鈴木千佳子

定価:本体価格1600円+税
ISBN 978-4-89815-541-7

2021年発行
仕様[四六判/208ページ/並製]

  • 商品コード: 9784898155417
  • 定価 (税込) 1,760 円
  • 数量
カートに入れる